自己愛性人格障害の被害に遇いやすいひとの考え方の特徴について


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遇いやすいひとの

考え方について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に

遇いやすいひとというのは

一般的にいって

嫌われてやすいひとでもありません。

 

むしろ、

自己愛性人格障害の

被害にさえ遭わなければ、

とても優しく共感力が高いので

無意識のうちに

相手のためを思って

行動することができ、

好意をもってもらいやすいひと

といえます。

 

ですが、自己愛性人格障害の

被害に遭う機会がとても多いので、

知らない間に

ターゲットにされていた場合

あなたの知らないところで

あなたの評判が

だんだんと落ちていくように

自己愛性人格障害のひとから

周囲をコントロールされていますので

人間関係で悩むことがとても多いです。

 

そして、自己愛性人格障害のひとも

その自尊心の低さから

どうしても人の上にたっていないと

気がすまないので、

知らない間に、無意識に

周りの人の評判を落とすようなことを

いい続けています。

 

それは本人にもどうすることも

できないので

もちろん口で言ってもだめですし、

やめてくれるわけでもありません。

 

そして、あなたもあなたで

大変真面目すぎるために

自分のせいだと思い込んでしまい

自分の何がいけないのか

苦しみ続けます。

 

共感力が非常に強く

まじめすぎるあなたは

なんでも自分のせいにしてしまい

自分さえ努力すれば

きっと状況はよくなるはす、

と根性で思い込んでいて

必死で努力しているのに

なぜか潰されていき、非常に

理不尽な思いをします。

 

ただ苦しんで、

落ちぶれていくひともいれば

あまりの悔しさに卑屈になり

人を恨んでしまったり

人を信じられなくなってしまうひとも

いますが、

元をただせば、

あなたの共感力の高さと

優しさからきているのです。

 

あなたの共感力や優しさは

本来、周りの人のためのものであり

誰もそれを恨んだりするひとは

いません。

 

それなのに、

自己愛性人格障害の被害者になり

信頼がなくなり、孤立していくのは

あなたが孤立する方が

自己愛性人格障害のひとが

特をするからなのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたを孤立させるために、

無意識のうちに周りの人の

あなたのイメージを悪くなるように

コントロールされているのです。

 

共感力が高く、優しいあなたが

潰されることは

ほんとうに我慢できません。

 

だからあなたに足りないものは

自分に対する共感力なのです。

 

あなたは、友達の事なら

わかると思います。

 

何でそんなひどいこと

されなきゃいけないの?って。

 

そんなことされるのおかしいよ、って。

 

あなたは悪くないよ、って。

 

でも、自己愛性人格障害の被害に

遇いやすい人は

他人に対する共感力は

異常に強いのですが

極端な言い方をすると、

自分のことはどうでもいいのです。

 

あなたは自分のことは

自分で何とかしようとするわけではなく、

人に優しくしたり、

寄り添ってもらおうと思うことで

自分のことを

分かってもらおうとします。

 

共感力とは、

本来他人のために使うだけではなく、

自分のためにも

使わなくてはいけないのです。

 

あなたが自分のことを

大切にしていないと

他人もあなたのことを

どうでもいいように

扱い始めるのです。

 

もちろん、誰でも、

というわけではなく

本来そういったことを

しないひともいるのですが、

そういったあなたの優しさを

利用する人間も確実にいるのです。

 

そういった人間から

自分を守ることができるのは

他人ではなくあなた自身なのです。

 

あなたが自分を

大切に扱っていなければ

自分を理不尽に扱う人までも

寄せ付けてしまうのです。

 

そういったひとから

あなたの身と心と守るのは

攻撃しなくてもできることです。

 

あなたを傷つける人間に

少しでも気づいたならば

そういった人たちからは

逃げるための逃げ足だけは

普段から鍛えていなくてはいけません。

 

自己愛性人格障害のひとから

身を守るだけで

あなたは本来の明るさをとりもどし

自由に生きていても

攻撃されることはなくなるのです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください