自己愛性人格障害のひとは知らない間にあなたの印象をコントロールしている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

あなたが離れれば離れるほど

近づいてくる、

ということについてお話ししようと

思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたが寄り添えば寄り添うほど

あなたを否定してきます。

 

共依存のひとは

自己愛性自己愛性人格障害のひとから

否定されれば否定されるほど

不安になり、

分かってもらおうとして

ますます寄り添ってしまったり

喧嘩をしてしまったり

話し合おうとして

ズタズタにされます。

 

そして、そうやって

精神的に痛め付けられた、

あなたを見て

自己愛性人格障害のひとは

さらに高揚して

あなたから離れようとせずに

どんどん攻撃を強めて

悪循環を起こします。

この悪循環を立ち切らなければ

あなたはどんどん病んでしまうのです。

 

これが、自己愛性人格障害の被害で

まわりのひとから非常にわかりにくく

自己愛性人格障害のひとと

被害者の間で

ひっそりと行われていきます。

 

そして、自己愛性人格障害のひとは

とても用心深いので

そこで

よりあなたが信用して

もらえないように

さりげなくあなたの評判を

落としているのです。

 

そしてその間にも

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分をみせたり

周りのひとに親切にしたりして

自分をより信頼してもらいやすいよう

周りからの自分の印象を

よくすることに常に全力を

そそいでいるのです。

 

こうやって自己愛性人格障害のひとは

あなたの周りからの印象を

コントロールしていくのです。

 

だからあなたが気付いたときは

もうすでにあなたは孤立しているので

その環境にいづらくなっている

のです。

 

こうなってしまうと

なかなか逃れることが

難しくなりますので、

こうなる前に

あなたができるだけ早く

自己愛性人格障害のひとの

していることに気づき

あなたから彼をシャットアウトする

必要があるのです。

 

あなたのほうから

自己愛性人格障害のひとを

拒否すると、

自己愛性人格障害のひとは不安になり

あなたに親切にしたり、優しくしたりして

攻撃がしにくくなるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分から人を嫌うことはいいのですが

ひとから嫌われることに

極端な恐怖心をいだいています。

 

普段はポーカーフェイスなので

そんなことはみじんにもださないのですが

もともと

自己愛性人格障害という病気は

自尊心が低すぎて

その恐怖から逃れるために

自分のまわりのひとたちのことを

見下すことで自分のほうが

価値があると思い込もうとします。

 

その感情を

異常なほどに思い込んでしまうので

常に虐待をしていないと

気がすまないのです。

 

そしてそれが

周りのひとにばれてしまい

自分がひどい人間に

思われてしまうことにも

恐怖心を抱いていますので

大っぴらに虐待するのではなく

精神的に追い詰める、というやり方で

相手を傷つけることで

ストレスを発散させていなければ

生きていくことができないほどの

自信のなさなのです。

 

この人を異常なほどに

追い詰めてしまう、

異常から精神状態から

彼らが病気には見えないですが

病気だということがわかりました。

 

自己愛性人格障害のひとから

ターゲットにされたくなかったら

彼らのことを心のなかで

拒否することにより

自己愛性人格障害の被害を

避けていくように

心がけていってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください