自己愛性人格障害のひとと平和にやりたいひとは一定の距離を保ち持ち続けること


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとには

どれだけ誠心誠意伝えようと

思っても

悪くとられてしまうことついて

お話ししようと思います。

自己愛性人格障害の

被害者になりやすいひとは

なんでも自分に責任がある、

と思い込んでしまいやすいので

とても辛い思いをします。

本来、責任感のあることは

悪いことではないのですが

自己愛性人格障害のひとからは

あなたはなにもしていないのに

あなたの正義感や罪悪感を

悪用されてしまい、

あなたが悪いと

思い込まされています。

あなたが悪いと思い込ませて

あなたを、正々堂々と責めるために

しているのです。

なぜそんなことをするのかというと

自己愛性人格障害のひとは

自尊心が非常に低く

自分には生きている価値がないと

思い込んでいるので、

その苦しみから逃れるために

自分よりも価値のない人間を

必死で作り出してその姿を

眺めようとします。

そうすることで自分の自尊心を

保っているのです。

その行為が浮気や離婚、

いじめやパワハラなどに

繋がっているのです。

ターゲットにされてしまったひとは

納得がいかず、自分の正統性を

必死に訴えたり誤解を解こうと

必死になったりしますが

その姿が、またよけいに惨めに

見えたりするのです。

あなたが、

どうしても彼に分かってもらいたくて

一生懸命話をしても

悪くとられてしまうので

どうしていいか、

わからなくなってしまっていると

思います。

あなたがなにかをしたわけでも

あなたが誤解をされたわけでも

ないので

自己愛性人格障害のひとに

何を一生懸命にうったえたところで

相手が納得して

あなたに対して

穏やかになってくれることは

ありません。

それどころか

そんなあなたに安心して

だんだんとあなたを

しいたげるようになるのです。

自己愛性人格障害のひとは

出逢った頃の

一番はじめの時期が

一番いいと思います。

自己愛性人格障害のひとの

やり方として

あなたを惹き付けていなければ

自己愛性人格障害のひとから

突き放されても、気づかないので

あなたが一番傷つくように

初めはとても

しんせつにしてくれることが

多いです。

これが恋人だと

なおさら惹き付けてきますので

自己愛性人格障害のひとが

とても魅力的に見えている人も

多いです。

自己愛性人格障害のひとは

ナルシストと大変症状が似ていて

尊大な自分を演じ、

そんな自分に満足しています。

あなたの前で、

涙をこぼしたり、

あなたに思いを全力で

ぶつけてくることもありますので、

あなたは彼のことを

すっかり信じきってしまうでしょう。

ですが、自己愛性人格障害のひとの

そばにいると、

安心して精神的な虐待を

することのできる

自己愛性人格障害のひとの

専属の感情をぶつける道具に

されてしまいます。

ですが、そんなあなたを

離すまいと、

普段はとても

大事にしてくれますので、

あなたの精神状態は

ますます参ってしまいます。

彼のことを信じたいけど

猜疑心がわいてしまい、

なにがなんだか分からなくなり、

自己愛性人格障害の彼から

離れたくなくなってしまうのです。

ですがtiaraの恋愛相談室を

訪れるほとんどのひとが

自己愛性人格障害の彼を

忘れられなくて相談してくる人が

とても多いです。

復縁や

喧嘩のあとに彼に

戻ってきてほしいだとか

自己愛性人格障害のひとから

離婚を希望されてしまい、

どうしても別れたくないから

どうしたらいいかという相談も

後を立ちません。

自己愛性人格障害のひとから

きらわれた、という辛い体験は

あなたの心を容赦なく傷つけ、

あなたを不安に

おとしいれることでしょう。

tiaraは今、

自己愛性人格障害の人を見ると、

この先どうなるかが

すべて分かってしまいますので、

絶対に近づきすぎないように

はじめから全力で気を付けています。

敵対心を見せないように

当たり障りのない会話に徹し

穏やかに感情を見せないように

気を付けています。

自己愛性人格障害を知っていると

辛くて大変なように

思われることもたまにあるのですが、

そうではなく、

自分の付き合うべき人が

きちんとわかります。

基本的には

自己愛性人格障害ではないひととは

今まで通り、

普通に交流しています。

相手が自己愛性人格障害でなければ

普通に会話が成立しているので、

気持ちを分かってもらえるときも

あります。

気持ちを分かってもらえない場合も

それはただ、考え方が

違っているだけですので

そんなに怖いことはありません。

わかりあえなければ

とことん話し合いをしてもいいのです。

ですが自己愛性人格障害のひとは

話し合いをすると

それだけであなたを打ち負かそうと

全力で向かってきます。

自己愛性人格障害のひとに

善悪はまったく関係がないのです。

自己愛性人格障害のひとは

絶対に自分が負けることは

認められないのです。

だから自己愛性人格障害のひととは

わかり合おうとするのではなく

どちらかというと

あなたがどんなひとか

分からないくらいが

ちょうどいいのです。

あなたがどんなひとか

分からなければ

あなたが強いのか弱いのかも

分からず

下手に攻撃をしてきたりしません。

自己愛性人格障害のひとは

とても臆病なので

自分が悪く思われるようなやり方を

しないのです。

自己愛性人格障害のひとと

平和にやっていきたいのなら

かかわり合いは最低限のまま

保ち続けることが肝心なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする