自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人は自尊心を下げる人を徹底的に避けまくる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

どうしたら

希望を持てるようになるのか

ということについて

お話ししたいと思います。

 

前回のブログで

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人は

自尊心が低い人が多いというお話を

いたしました。

 

自尊心とは、

自分を尊敬する気持ちというよりは

特に特別な存在でなくとも

今のままの自分で満足していて

安定した気持ちを

持っている人のことです。

 

子供は生まれたときに

何も持たずに生まれてきますが

たいていの場合は

ご両親に待ち望まれて生まれてきて

そのままの存在を愛される人が

ほとんどです。

 

ですが、何らかの事情で

ご両親からの当たり前の愛情を

受け取れなかった子供や

両親の仲が悪く、

まったく子供に

関心が持てない親に育てられたり

ひどい時は虐待や

または、本人でなくても

父親が母親を支配している様子を

目の前で見て育つ、という子供にも

みられるということが

分かっています。

 

とにかくどんな状況かは

その人に寄るのですが

ありのままの自分を

受け入れられなかったがために

何か相手のためになるようなことを

しなければ

愛されないと思い込んでいます。

 

そして、なぜかそれは

外に出るとその人の雰囲気として

なんとなく現れてしまうようで

その自尊心のなさを感じ取った人に

自尊心を傷つけられる機会が

増えます。

 

そしてどんどん自分に

自信を失っていくので

相手に好かれようと

必死であいさつをしたり

近づいたり

自分の話を聞いてほしくて

人にすり寄る

というどちらかというと

うざい人が多いです。

 

その様子がバカにされてしまうので

あなたが自分に対して

自尊心を持つことが大事なのです。

 

 

とはいえ、あなたは無意識に

自分に自信がないので

どうしても寄りついてしまい、

必要以上にまじめに相手に対して

誠実でいようと

努力をしてしまいます。

 

その様子が、そういった人を

馬鹿にするような人がいると

また自尊心を傷つけられる言動を

向けられてしまい

悪循環となってしまいます。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人というのは

そういった自分にとって

ひどいことをする人が

気になって仕方がないのです。

 

 

そして

どうして自分が悪く思われているのか

分からないけど

とにかくもし誤解をされているのなら

その誤解を解こうと思ってしまったり

何とか相手に認めてもらおうと

極端に親切にしたり

相手に歩み寄ったりして

何とか自分の存在を

認めてもらおうとします。

 

それは、本当に危険な行為であり

普通のひとは

そういった人物は危険なので

避けようとするのですが

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

そういった人にこそ

寄り付いていってしまうのです。

 

だからいつもひどいことになると

悩んでいることが多いのですが

そもそも自己愛性人格障害のような

危険な人物に

自ら近づいてしまっているのです。

 

それでは、トラブルになるに

決まっていますよね?

 

自己愛性人格障害の

被害に遭いやすい人というのは

ひどいことをされると

自分のほうに原因があると

思い込んでしまうのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の中のおなかの中の怒りを

そばにいる

弱い人にぶつけているだけです。

 

その人が悪いわけではないのです。

 

だから自尊心のない人というのは

危険を引き寄せてしまうのです。

 

あなたにトラブルが多いのは

何もあなたのせいではありません。

 

あなたが自分の自尊心が低いために

自分が悪いと思い込みすぎていて

自己愛性人格障害の

八つ当たりな行為にも

必死で分かってもらおうと

自ら歩み寄ってしまうから

怖いことになるのです。

 

普通に当たり前の愛情を

受けて育った人は

自尊心を持っているので

八つ当たりのような

自分に原因のないことへの

相手の怒りには

相手がおかしいことに

すぐに気づき距離をとります。

 

 

そして自己愛性人格障害のひとも

自尊心がないので

自分から距離を取られてしまうと

嫌われることを極端に恐れているので

その人には

近づきもしなくなるのです。

 

結果、自尊心を

きちんと持っている人は

トラブルに遭う確率が

格段に下がります。

 

そしてその格段に下がった分

自分に自信のないあなたが

自己愛性人格障害の被害を

自ら受けに行ってしまうのです。

 

自己愛性人格障害の被害を

避けたければ

自分に身に覚えのない怒りは

徹底的に避けることです。

 

よく考えてみれば

いつも相手のことを

思っているあなたが

何かするわけはないですよね。

 

 

それは自己愛性人格障害のひとの

おなかの中の怒りで

あなたには関係のないことです。

 

自分に関係のない

自己愛性人格障害のひとの怒りは

避けて避けて避けまくりましょう。

 

あなたの自尊心を下げる言葉を

聞くこともなくなりますので

嫌な思いもしなくなります。

 

周りのひとがあなたの自尊心を

下げることばかりいうので

あなたも

自分には価値がないのではないか

と思ってしまうのです。

 

あなたの自尊心を下げる

周りの言葉ばかりを聞いていなければ

あなたが自信をなくすことも

なくなるのです。

 

あなたはあなたが誇りを持てることを

自信を持ってやってみてください。

 

そうすれば

あなたは自分が

なにもしていないことに気づきます。

 

そしてあなたの自尊心を

無意味に傷つける人の怒りは

その人本人の問題ですので

あなた自身は

そっと身を引きましょう。

 

そうすれば

あなたの自尊心はだんだんに

戻ってくるはずです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください