自己愛性人格障害 親子関係の場合

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとと

親子関係だった場合について

お話ししたいと思います。

あなたが自己愛性人格障害の人と

親子関係の場合、その影響は

子供のころにまでさかのぼります。

自己愛性人格障害の彼と付き合った人の中にも

よく考えてみると、母がそうだった、とか

父が自己愛性人格障害だったという方が

わりと大勢いると思います。

自己愛性人格障害の被害にあいやすいという人も

自分が自己愛性人格障害だという人も

割と親子や兄弟の中に

自己愛性人格障害のひとがいる場合が

多く見られます。



そういった体質に育ちやすい、というのも

やはり連鎖関係があると思います。

自己愛性人格障害のひとと

親子関係だった場合は

その影響は幼いころからずっと続くもので

あなたの中の自尊心は

かなり低いものだと思われます。

親の自尊心の低さから

子供にダメだダメだ、とは言いやすいんですよね。

だって子供ですもの。

親は当然ですがおとなですし

小さいころは子供がかなうわけがないですよね。

その、絶対的に強い存在の親から

親の自尊心の低さを、子供をののしることにより

子供より上だと

親が自尊心を上げるために

あなたが見下されていくわけです。

それを育つ過程でされるわけですから

自身のない子に育ってしまいます。

子供のころに、ずっと自尊心を下げられて

育った子は世間に出てからも

見下されやすい子として

育ってしまいます。

だからどこに行っても大切に扱ってもらえない子として

育っているのです。

もし、あなたの親が自己愛性人格障害だとしたら

たとえ親子関係でも

あまり会うことはお勧めしません。

だって親が死んだ後でも

あなたは生きていかなければならないのですから

親のせいで

関わればかかわるほど

世間から大切に扱ってもらえなくなってしまうのです。

中には親だから面倒を見なければならない、だとか

親だからほっておけない、という方も

お見えになりますが、

あなたのためによくない親の面倒を見続けて

その親から自尊心を傷つけられて生きていくんですよ?

そしてそのために

あなたが生きにくくなってしまうのです。

きれいごとだけでは済まされないものがあります。

世間の常識とは

きれいごとだけで

あなたのためにならないことも

数多く存在します。

この世間の常識を守るために

あなたが、世間の人に

潰されやすい人間に育っていくのです。

これが大事なことでしょうか?

世間はあまりにも無責任です。

あなたがひどい目にあっていても

助けてくれる人はなかなかいないでしょう。

それなのにあなたは

馬鹿正直に世間の常識を守り続けて

世間はあなたは守ってくれないのです。

子供のころから信じてきた正義が

ガラガラと音を立てて崩れていくと思いますが

その壁が崩れた後に

本当のことが見えるのです。

あなたを幸せにできるのは

自分だけだと覚えておきましょう。

そのうえであなたが信頼できる人が現れたら

その時はその人とあなたが本当に生きていっていいものか

判断できるようになっているでしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする