自己愛性人格障害の人は他人の欠点に厳しい

こんばんは♡

 

今日は自己愛性人格障害の人は

他人の欠点に対して非常に厳しいということについて

お話ししていきたいと思います。

 

以前、自己愛性人格障害の人は

常に人に説教をしていて自分が正しく、他人が間違っている、ということを

言っているというお話をしました。

 

それは、自分を尊大に見せる行為の一環ですが

同時に相手を蹴落としています。

 

Tiaraもよくダメだと言われましたが、

それが、Tiaraにはそれが、Tiaraはダメだから頼りがいのある彼に

ついていこうと思っていました。

実際彼のほうが,

優れていることは多かったんですが、

Tiaraのことも面倒を見てくれている、と受け取っていたのです。

ところが、

今考えると、何もTiaraのことを認めていなかったんだなと思います。

 

彼はTiaraの良さになんてちっとも気づいていなかったんです。

 

自己愛性人格障害というのは

極端な言い方をすれば

他人はどうでもいいです。

 

他人という中に、親友や彼女、奥さんも含まれます。

 

自分のことしか考える余裕がないのです。

 

自分を持ち上げるために、他人を蹴落とし、

傷つけてつぶしていないと自分が保てないほどの精神障害です。

 

もし、相手に自分より優れたところを見つけると

恐怖にも似た強い不安感を持ち、自分がつぶされてしまうかもしれないと

全力でつぶしにかかります。

 

その行動が「お前はダメだ!」というような説教にもあたるのです。

欠点を見つけると、それが許せず、必要以上に怒ります。

 

言われているほうは、素直であればあるほど

自身を無くし、つぶされて自分に自信を無くしていきます。

 

そして、周りの人からもそうなんだ、と思われるようになっていきます。

 

そして最後には彼の言うことを全面的に聞くようになり、

それでもつぶされて、限度なくお前には価値がないと

自己愛性人格障害の人に、洗脳され続けます。

 

それが、うつやひどい場合には、

自殺へと導いてしまうのです。

学校でおこるいじめなどもいじめるほうは

この、自己愛性人格障害という可能性が高いのですが、

世間では、もちろんイジメはいけないこととされていますが、

中には虐められるほうにも何か原因がある、という人がいます。

 

それは、自己愛性人格障害の人が、その障害のために

自分を持ち上げていないと不安になり、周りを操作することができてしまうため、

虐められるほうが悪い、と周囲に思い込ませてしまっているのです。

そして、それを信じてしまい、一緒になって被害者の人を虐めてしまっているのです。

現在、この自己愛性人格障害に気づいた少数の人は

その事実が分かるのですが、大半の人は、まだ、

自己愛性人格障害という病気について知らない人のほうが多いと思います。

 

だから、Tiaraはできるだけ多くの人にそういうことがあることを

知ってほしいのです。

 

そして、もう2度と被害者が出ないようになり、

自己愛性人格障害の人も、1人残らずいなくなってほしいのです。

 

現在、少ないながらも自己愛性人格障害の研究所や治療施設なども出てきています。

 

皆さんが早くそれに気づいて

自己愛性人格障害のない世の中になってほしいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください