自己愛性人格障害への認識の誤解について

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害について

間違えやすいタイプの人との

明らかに違う点について

お話したいと思います。

たまに誤解をされている人がいるので

申し上げておきますが、

誤解をされるような

言い方をしてしまう人

われを忘れてキーとなってしまう人は

自己愛性人格障害では

ありません。

自己愛性人格障害の人は

とても誤解を受けるようなタイプでは

ありません。

誤解を受けるようなタイプは

あまりとりまきを作ったりすることが

できないと思います。

残念ですが、そこまでの説得力は

ありません。

ですからそこまで怖くはありません。

自己愛性人格障害の人は

もっと完璧で威圧的です。

だから怖いのです。

怖いけど返す言葉がないほど

威圧的でこちらが

何も言えなくなってしまうような

そういった感じの恐さをもつ人が

自己愛性人格障害であることのほうが

多いです。

よく見ていると

その中でも

自分よりも下だと思う人や

弱い人に高圧的な態度をとり、

新しい人や、

権力者や有力者、実力者の前では

驚くほど従順な姿を見せます。

そのギャップが激しければ激しいほど

自己愛性人格障害の可能性が高く、

そして症状も重いです。

そして重い人ほど

目上の人の評価は高いので

会社ではいいポジションに

ついていることが多く

経営者にも多く見られます。

だから自己愛性人格障害の人には

勝てないと

日ごろから言っているのです。

自己愛性人格障害の症状がひどいほど

社会的ポジションが高く

有力な立場にいますので

何もできない弱い立場の人が被害者となります。

それが自己愛性人格障害の

非常に怖い部分であり

被害にあった人は逃げることが

一番の対策になるのです。

彼にこだわっていたり

彼と同じコミュニティに

こだわっている場合は最悪で

本当に苦しめられながらも

その自己愛性人格障害の人から

被害者自らが離れようとしません。

それで苦しんできた人たちも

大勢見ているので

ただ、嫌なやつの悪口を

言いたいだけのサイトは

自己愛性人格障害のことが

本当に分かっていないと言えます。

真性の自己愛性人格障害ほど

知能も高くコミュニケーション能力も高く

信頼度も厚いです。

ターゲットにだけ見せる怖いところは

他の人からは非常に分かりにくいので

自分で見分けて

離れないと

精神を壊すことに

なってしまうのです。

自己愛性人格障害の人は

ある意味ターゲットに

依存していますので

離そうとせず

あなたが離れようとすると不安になり

異常なしがみつきを見せます。

自分から冷たくしておいて

あなたが怖くなり

逃げようとしたときにだけ

しがみつき行為を見せて

優しくしてくるようなら

その人は自己愛性人格障害だと思って

間違いありません。

ただの嫌なやつやヒステリックなだけの人や

あまり世渡り上手ではない人は

自己愛性人格障害ではないので

間違えないようにしてください。

むしろそういう人のほうが

話し合いが成立したときや

反省したときは

2度と同じことを繰り返さず

うまくいく可能性があります。

そういう人こそ

あなたの共感力を見せて

気持ちを寄せ合って

お互いに理解することから

はじめると

うまくいくかもしれません。

がんばってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする