自己愛性人格障害の人は嘘をついているの?それとも演技?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

被害者のあなたから、どう見えているかについて

お話ししたいと思います。

 

最近、Tiaraは、彼と別れたことが

少しづつ周りの人に気づかれ始めています。

 

別れたことを話すと、

「なんかおかしかったもんね。」とか

「口がうまかったよね。

Tiaraちゃん、騙されてると思ってた。」などと言われることがあります。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

異常に臆病で、周りの人から嫌われることを

ものすごく恐れているので、

自分は悪くないように見せかけるのがとてもうまいです。

 

あなたも彼のことを話しても

信じてもらえないことがあり、悔しい思いをしたこともあるでしょう。

でも、それはその本当に近くにいる人から

悪く見えないだけで、

少し離れた人から見ると、何度も何度も別れてあなたを泣かせ、

また戻るという行為は

何度目かになってくると、

周りの人も、あの二人なんかおかしいなと思う人が出てくるのは

当然のことと思います。。

 

ですが、Tiaraから見たら、

確かにおかしいことが何度もありましたが、

それ以外は最高に幸せなひと時だったのです。

 

被害者の人が別れたくないという理由は、

モラハラ行為がある以外は、

この最高に幸せなひと時があるからだと言えます。

 

もし彼と、もめるようなことがあったのだとしても

話し合い、分かり合えるようになれば、

こんなにも幸せにしてくれる彼は、

この人以外にはいない、と思ってしまうのでしょう。

Tiaraはシングルマザーなので

子供がいます。

バツイチにもかかわらず、自分の子供をかわいがってくれる彼がいたら

信じない人のほうが少ないでしょう。

 

お正月やクリスマスなどイベントの時には、

必ずお年玉やプレゼントをくれて

Tiaraの家族と一緒に過ごしてくれていました。

子供たちだけでなく

Tiaraの両親にまで

「お母さんたちもよかったら一緒にご飯を食べませんか?」

と両親を喜ばせることを言い、

ちょっとしたレストランや老舗の有名なお店に

食べに連れてってくれました。

 

ご飯を食べに行ったときも紳士的で、穏やかで

Tiaraの両親も大変彼のことを

気に入っていました。

 

Tiaraはちょっとファザコンなのですが、

彼に、「ちょっとお父さんに似てる」と嬉しそうに伝えたことがあったのですが、

その時の彼は「はあ~?何言ってるの!」と少し怒ったような感じでした。

 

とても素敵なお父さんで、ましてやTiaraの今までの彼氏に

お父さんのことが好きだと伝えたことが何度かあるのですが、

「素敵なお父さんだね。」と言ってくれて嫌なことを言う人は1人もいなかったので、

その時の彼の反応は少し驚きました。

 

でも、お父さんとお母さんの前では

いつも堂々としていて、初めて会ったときも

「Tiaraさんとお付き合いをさせていただいております○○です。」

ときちんと挨拶をしてくれとてもうれしかったことを覚えています。

 

Tiaraの両親とも子供とも上手に付き合ってくれて

近所の人もみんな、もう結婚間近だと思っていたそうです。

 

でもTiaraが彼の両親に会ったことは1度もなかったのです。

Tiaraのことは両親にもきちんと話してある、ということは

ずっと彼から聞いていました。

 

もう結婚すると両親に会わせると約束もしていました。

プロポーズもされていて、

いつ頃両親に合わせるという話もずっと進んでしました。

 

しかし、Tiara側の知り合いは、

みんな彼との付き合いのことを知っていましたが、

彼側の知り合いは、誰もTiaraとお付き合いをしていることを知らなかったのです。

いつも両親にTiaraの話はしてあるといっていました。

 

結婚も両親は反対しないよ、とも聞いていました。

 

でも彼側に知り合いは、だれもTiaraのことは知らなかったのです。

 

5年も密に付き合っていて。。。

生活の面倒は見てもらっていませんでしたが、

家具や車など彼に買ってもらったものは

そんなに安物ではありません。

 

結婚くらい考えていないとここまではやらないだろう、ということばかりしていました。

 

でもこのようにパラレルワールドに囲まれていた、

という自己愛性人格障害の人の話は

山ほど出てきます。

 

相手側は何も知らないのです。

 

Tiaraのそばにいた彼が演技をしていたとはとても思えません。

 

ほぼ毎日うちに来て子供たちとご飯も一緒に食べていました。

 

子供たちにもいろんなものを買ってもらったり

どこかに連れてってもらったりしていました。

 

Tiaraだけでなく子供たちも懐いていて

周りの人からも言われていましたが、

もう立派なお父さんだね、と言われていたのです。

 

本当に不思議です。

自己愛性人格障害の人は、何年もこんなことをやり続けて

そしてちょこちょこ別れ話をしたり、意味なく嫌がらせをしたり、

突然捨ててしまったりするのです。

 

だから、被害者の人が信じてしまってもおかしくないし、

とても嘘をついているようには見えないのです。

 

だから周りの人に話したときに

あまりにもギャップがありすぎて信じてもらえないのだと思います。

 

彼も嘘をついてだますためにこんなことをしているのではありません。

どうしても立派に見せてしまうため、

尊大できちんとした責任感のある男を

完ぺきに演じてしまい、それが続かない病気なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください