自己愛性人格障害の被害者はもっと周りから見た自分を客観視するとよい

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

被害に遭うような人は

もっと周りから見たときの自分を

意識してみると良い

ということについて

お話ししたいと思います。

会社や学校などで

理不尽な目に遭ったとき

とても驚くと思うのですが、

あなたが信じている世界だけが

あるわけではありません。

あなたは何もしていないと思うのですが、

自己愛性人格障害の被害に遭うようなひとは

自分の存在を

もっと周りから見て

どのポジションにいるかを意識してみると

冷静になれるし、あなたの気持ちも落ち着き

冷静に対処できると思います。

あなたも自己愛性人格障害のひとと

同じで

周りの人から見られたときに

どう思われるかを極端に

気にしていると思います。

人間は誰にでも好かれる、ということは

不可能に近く

そんなことは誰でもありえません。

必ずあなたも

誰かからは好かれていて

誰かからは嫌われていて

それ以外のひとからは

何とも思われていません。

それが普通なのです。

もしあなたが、

だれからも好かれるいい子を目指してしまうと

どんなに理不尽な目に遭ってもいいよと

言っているような状態に

おちいってしまうかもしれません。

Tiaraは自分自身もそうですが

そんな人を何人も見てきているのです。

もし、どうしてもそれを望み、

居心地のいい環境に身を置きたいのなら

周りから見た自分を

客観視できるといいのです。

Tiaraの会社にも

数人の自己愛性人格障害のひとが

数名見えますが、

いつも周りの様子を

さりげなく観察しています。

あなたの行動が彼の気に触ったり

あなたが彼が羨ましいと

思うものを持っていた場合、

あなたは自己愛性人格障害のひとから

その場にいられないほど

潰されてしまう可能性が

出てきてしまいます。

いい子であることも

自己愛性人格障害のひとからすると

攻撃の的となってしまうのです。

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

そうは見えないのですが

自尊心が恐ろしいほど傷つけられているので

ほかの人が別のひとと仲良くしているだけで

炎のような嫉妬心が燃え上がり

その人をコテンパンに

潰したくなってしまうのです。

あなたからしてみれば

何もしていないので

とても驚くと思うのですが、

自己愛性人格障害のひとは

普通の人が考えられないくらいの出来事で

感情をむき出しにしてしまうほど

怒り狂ってしまうことがあるのです。

自己愛性人格障害のひとから見たら

人が笑っている所を見ただけで

強烈にひがみをあらわに

してしまうのです。

だから自己愛性人格障害のひとの前では

ヘタに敵対心をもってもらいたくないので

穏やかに静かにしていることを

心がけています。

周りから見た

全体像から浮かないようにすることが

自己愛性人格障害のひとからの

怒りを受けないことにも

つながっているのです。

大きな目で周りから見たときに

あなたの行動が

浮かないようにふるまっていると

自己愛性人格障害のひとは

あなたがどんな人物か分からないので

あなたに攻撃をすることが

できないのです。

自己愛性人格障害のひとは

とても頭がよく、優秀な人物が多いですが、

共感力がないため

感覚的なものは分からなくなっています。

だから目で見て分かりやすいものしか

分からないのです。

あなたがケタケタ笑っていれば

嬉しそうにしていることは分かり、

自己愛性人格障害のひとは

そこにも怒りの感情を

持ってしまうことがあります。

でも、あなたの感情が

薄ければ薄いほど

自己愛性人格障害の人には

あなたがどんな感情を

持っているか分からないのです。

ただ、あなたもそんな

感情の薄い人間には

なりたくないかもしれませんが、

自己愛性人格障害は病気なので、

本当に注意が必要です。

あなたも自己愛性人格障害の被害に

自分が遭いやすいタイプだと

知っているとすれば

やはり注意をするに越したことはありません。

そして、

自己愛性人格障害のひとのいないところで

本当の自分を出せばいいことなのです。

普通のひとには

あなたのありのままの姿を見せても

大丈夫ですし、

むしろそのほうが友達もできやすいですし

周りの人のコミュケーションも

取りやすくなります。

Tiaraも自己愛対策のし過ぎで

暗い人だと思われてしまったことが

あります。

全然話してくれない、

と言われていたことが分かり

今ではその人とは普通に話すようになり

すっかりコミニュケーションも

元に戻りました。

自己愛対策は、

自己愛性人格障害のひとにだけ

すればいいのですが

いつもやっていると

暗い人だと思われてしまうこともあるので

そこのところはあなたのほうで調節していただき

普通のひととは普通にありのままのあなたで

コミュニケーションをとるようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする