自己愛性人格障害の人を恨んでも仕方がない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人を

恨んでも仕方がない、

ということについてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害という病気を

初めて知ったとき、とても怖い病気だと思いましたし、

そんなことがほんとうにあるのか、という気持ちになりました。

ましてや、Tiaraの大事な彼が、

そんな病気だなんて思いたくありませんでした。

でも、症状は手に取るように分かり

分かることが自分でも恐ろしくなりました。

しかも今まで気づかなくて

仲良くしていたなんて。。。

でもね、今考えてみたら、

自己愛性人格障害は、仕方のないことなんです。

自己愛性人格障害の人も

本当に分かっていないんです。

あんなにも頭のいい彼が、

本当に、こんなことが分からないんだ、と納得できる出来事も

たくさん見てきました。

だから、恨んでも仕方のないことなのです。

もちろん治ってほしいし、

今まで被害に合ってきた人たちの気持ちを

考えると、本当に悲しい気持ちにもなります。

でも、彼自身の責任でもないし、彼にそれをやめることもできないし、

なおすこともほぼ、無理だと言われています。

被害者の人たちの悔しい気持ちもよくわかります。

でも、自己愛性人格障害の人も

自分がそんなことをしているなんて分かっていないのです。

ありのままの自分を愛することができるとは、

それだけ自分に自信を持って生きられる、ということだったんですね。

もちろん自己愛性人格障害の人たちを

育てた人たちも

そんなことは知らずに、無償の愛を

我が子に注ぐことができなかったのでしょう。

Tiaraなら「大丈夫だよ。」って声をかけてくれる人が

いたらそれだけで、温かい気持ちになります。

心が救われたような気持になります。

もし、Tiaraが共依存ならば、

共依存の人は、自己愛性人格障害の人と同様に

自分に自信が持てませんが、

もしかしたら共依存の人は、励ましてくれる誰かがそばにいる事で

救われるのかもしれません。

自己愛性人格障害の彼に、今までされたことを思いだし、

悲しくなったり、フラッシュバックのようになってしまう人も

いるようですが、彼のことは、どうしようもなかったんです。

彼自身にもどうすることもできません。

これが、やる気でやっていたら

恨まれても仕方ありませんが、彼は他人の心が

本当に分からないのです。

しかもそれは、彼のせいでは、ありません。

彼も身近な人間の被害者だったのです。

子供のころに、心を尋常ではないくらいに傷つけられ

知らない間にその環境で生きようと、している間に

自然にそういった生き方が身についてしまったのです。

彼を治すことはできませんが、

でも、あなたは、あなたの心を思いやって

自分を傷つけるような恋愛からは、

身を守ってください。

そんな、自分を傷つけるような恋愛にいつまでもしがみついて

あなたの心を傷つけるよりも、あなたが幸せになれるような

恋愛を選んでください。

彼からしてもらったこと、彼からもらった幸せな思いと

自己愛性人格障害のことは

切り離して考えてください。

確かに幸せな時もあったのです。

だから彼のことを好きになったんですよね?

心の切り離し作業をすることによって

あなたの中の愛がなくなることはありません。

あなたに嫌なことをする人に愛を向けてはいけません。

やることは、そっと離れることだけです。

無理やりにでもいっしょにいて

いつか必ず分かり合えると思って

自己愛性人格障害の人に歩み寄ってはいけません。

でも、彼との思い出は、彼はあなたを潰すということを

やる気でやっていたわけではないので

あなたさえ落ち着いてこれば

もう少し冷静になれると思います。

あなたが傷つきやすい以上に

自己愛性人格障害の人は、分からずにあなたに近づいてきて

わざわざあなたを傷つけに来ます。

普通の人は、そんなことしないのだけれど、

どうしても傷つけてしまうことだってあると思います。

しかし、自己愛性人格障害の人は

相手が自分のことを愛していることを知っていながら

むしろ嫌いで離す、ということもせず、

尊大な優しくて紳士的な面を魅せつけ、

むしろ全力で自分のほうに引き寄せてきて

虐待します。

極端なので、普通の恋愛とは比べ物にならないくらい

傷つくと思います。

でも、そういうもんだと思って

彼からはそっと離れましょう。

するとだんだんに彼は

あなたには、何もできなくなるのです。

第三者は、そんな人間がいるとは思わなくて

何もしていないあなたが、何かしたように思われてしまうでしょう。

あなたまで、自分が悪いと思ってしまったら

何もしてないのに確実に人格を潰す人格障害の攻撃では

あなたの心臓は止まりそうなくらい

傷ついてしまいます。

あなたが何もしていないことを思いだしてください。

むしろ、あなたは全力で彼に歩み寄っていましたよね?

ここにいる被害者たちは、

その思いをみんな知っています。

彼が自己愛性人格障害だと知ったら

その時点で、迷わず彼から離れるべきなのです。

でもしらずにやっているので、

彼を恨むのはやめにしてそっとはなれていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする