自覚のない自己愛性人格障害の人が何かおかしいと気づくためには?

こんにちは♡

今日は、

自覚のない自己愛性人格障害の人が

なにかおかしい、と気づくためには?

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人と

付き合っているときに

あまりにも些細なことで

機嫌が悪くなるため

いつの間にか彼に気を使いながら

付き合うようになっている人が

多いと思いますが

なぜ、気を使っているにも関わらず

トラブルばかりが起こってしまうことに

なってしまうのでしょう?

実は、自己愛性人格障害の人は

トラブルのないところに

無理やりトラブルを起こし

悪者を作り出しています。

Tiaraも

自己愛性人格障害の彼以外の人とは

むしろ自己愛性人格障害の人以上に

普通にトラブルが起こっています。

旅行に行った先で

どちらかが行きたい場所に

もう1人が行きたくない、

と言い出したり

荷物を少し持ってほしいだとか、

もう少し早く帰りたいとか

帰りたくないとか、

言いあったり

自分の友達と彼が

デレデレ話していた、とか

本当に些細なことで

けんかは起きます。

ですが、普通の人だと

怒りながらも相手が

どうして機嫌が悪くなったのか

分かっているし、

話し合って仲直りした後は

お互いに前と同じことに

ならないように気を付けて

少しづつ同じことで

けんかをしなくなったり

相手の好みがわかり、

少しは認めてあげようとしたり

します。

ところが自己愛性人格障害の人が

怒りだした理由には

どことなく被害者が

納得できないのです。

納得できないからこそ

イライラしてくる被害者もいますし、

泣きたくなるほど

みじめな気持ちになる被害者も

います。

そして、自己愛性人格障害の人の

怒った理由が理解できず、

自分がおかしいのかと

疑いだしてしまう被害者まで

出てくるのです。

ところがあなたは

何もしていないのです。

あなたがおかしいわけでも

ありません。

自己愛性人格障害の人は

悪者を作り出すために

あなたがおかしい理由を

作りたがります。

そして周りのひとも

信用させてしまう技術を

持ち合わせていますので

本当にあなたがおかしく思われて

しまいます。

自分が変なことをしていないことを

知っているのはあなただけ、

ということになってしまう場合も

ありますので、

あなたは自分の頭が

おかしくなってしまったと

感じるかもしれませんが、違います。

つまり、あなたはあなた自身でしか

身の潔白を証明できないのです。

しかし、

あなた 対 自己愛性人格障害の人+周囲の人

だとあなたの身の潔白を

証明するのは困難で

あなたが騒げば騒ぐほど

あなたのほうが

おかしく見えてしまいます。

そこでできることは、

すっと黙って離れることなのです。

あなたはその場所に

こだわればこだわるほど

深みにはまっていってしまいます。

学校を転校できず、

自殺してしまう人も

これに当てはまると思います。

自己愛性人格障害の特徴がからむと

いじめの法則はきれいに説明が

できるのです。

いじめをなくすには

どうしたらいいか、

などと学校で話し合っているケースが

よく見られますが

自己愛性人格障害が原因だと

するならば

話し合ったところで

解決できるはずがありません。

解決するならば、

ターゲットとなる子を

その集団から出してあげることです。

そして正義感に燃え

かばった子は

自己愛性人格障害の人の

敵対心を刺激してしまいますので、

正義感に訴えれば、

「そうだそうだ」

と解決するものでもないのです。

今まで、被害者にも

原因があると思われてきた

いじめの被害も

もしかしたらほとんどが、原因は

この自己愛性人格障害だったのかも

しれません。

自己愛性人格障害の人は

満足することも

反省することもありません。

自己愛性人格障害の人が

反省するときは

トラブルばかりが起きて

周りの人間が

誰もいなくなった時です。

その時に初めて

自分は何かおかしいのではないか?

と気づき、

病院を訪れることが出来るのです。

取り巻きがいて

自己愛性人格障害の人が

うまくいっているうちは

決して気づくことが出来ません。

自己愛性人格障害の人が

気づいて治療をするきっかけに

なるためにも

理不尽な状況がおかしいと気づいて

離れる必要があるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする