自己愛性人格障害の人を絶対に挑発してはいけない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人を

挑発してはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

今までいろいろな

自己愛性人格障害の人の

特徴をお話してきましたが

自己愛性人格障害の人が

他人をつぶしてしまう原因は

そのあまりに低い自尊心です。

 

自己愛性人格障害の人は

生まれたときは普通の純真無垢な

普通の赤ちゃんとして

生まれてきます。

 

ところが家庭環境や何らかの理由で

ありのままの自分を

愛されることができず、

自尊心をつぶされてしまっています。

 

初めは頑張って純真な心を保つ努力を

してきたと思うのですが

その環境があまりにも不幸だったため

辛すぎるので良心を使わなくなった

と思われます。

 

生きていくには

どうしてもそれくらいしなければ

辛い状況にあったと思われます。

そして

そんな自分に価値がないと

思っているのですが

それに耐えられないため

そのことを見ないようにしています。

 

 

そして自分を立派な人物だと思い込み

必死で虚勢を張っている

状態なのです。

 

それなのに、あなたが

自己愛性人格障害の人のひとに

わかってもらおうとしたり

指摘したりすると

攻撃されたと思い、

激化する恐れがあります。

 

 

自己愛性人格障害の人は

もともとものすごく傷ついているので

本当にちょっとしたことでも

あなたが敵対心を向けてきたと思い

極端に攻撃してくるのです。

 

その心情は普通の人では

理解できないほどなので

どれだけ細心の注意を払って

彼に寄り添って話をしても

全く通じません。

 

関係性は悪化し、

ひどい状況になってしまうのです。

 

ですから、あなたに自信があろうと

間違っていなかろうと

絶対に指摘などしてはいけません。

 

 

自己愛性人格障害の人は

普段は尊大な自分を

見せつけていますので

とても頭がよく冷静に見えますが、

実は本当のことが

理解できないのです。

 

あなたの意見を聞き

「悪かった。ごめんね。」と反省し

攻撃をやめてくれるようなら

あなたも

自己愛性人格障害を

疑ったりしないでしょう。

 

極端な恐怖心と猜疑心に

満ち溢れているので

あなたの話を理解することが

ないのです。

 

だから争いを避けるためにも

できるだけ穏やかで

いてもらうためでも

あるのですが

自己愛性人格障害の人を指摘したり

わかってもらおうと

あなたの気持ちをこんこんと

話したりすることは

絶対にやめてください。

 

 

自己愛性人格障害の人と

できるだけ穏やかに過ごしたいなら

できるだけ彼に話をさせ、

あなたの意志は

彼には見せないように

しなければなりません。

 

 

自己愛性人格障害の人には

あなたが何を考えているのか、

何をやろうとしているのか、

どんな気持ちでいるのかは

いっさい見せないようにし、

できるだけ穏やかに感情を保ち続け、

歩み寄りも攻撃もしないでください。

 

 

無視をされているのなら

無視をされているくらいのほうが

ちょうどいいのです。

 

彼の関心をあなたに

向けないようにしてください。

 

そしてあなたも辛いと思いますので

彼のことを自分の意識の中から

すこしづつ離すように

努力をしてみて下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください