自己愛性人格障害のひとはびっくりするほど自分が周りからどう見られているかを気にしている


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

好む相手の姿について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

びっくりするほど

人のことを気にしています。

 

こちらが何ともおもっていなくても

すごいところや寛大なところを

一生懸命演じているので

やたらと声が大きく

不自然なほど周りの人に

聞こえたりしていることもあります。

 

反対に

人を責め立てたり、

こき下ろしたりするようなときは

驚くほど声が小さく

隣にいても何かを話しているのは

分かるのですが、

何を言っているのか

全く聞こえないときもあります。

 

かと思うと

周りの人にも聞こえるようにののしり

その人がいかに失敗しているかを

周りの人に聞かせるように

怒っているときもあります。

 

これは、自己愛性人格障害のひとの

都合により

声の出し方が、とても器用に調整可能です。

 

自分をどう見せたいか

その時の

自己愛性人格障害のひとの都合により

いくらでも変えることができます。

 

これによって

いい人だと思われたまま

他人を追い詰めることもできますし

直接会話を交わさなくても

なんとなく、あの人はいい人だなと

周りに印象付けることもできるのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当にすごい能力を持っていて

しかも、本人は自分が周りから

どう見られているかを

普通の人が予想もつかないほど

随時、考え続けているのです。

 

自己愛性人格障害のひとの行動は

とても面白いです。

 

 

本当に興味を惹かれるのですが

ほとんどの人が

そんなことをしているとは

まったく気づいていないのです。

 

気づくと、本当に

めんどくさいことをしているな

と思いますし、

それに気づくと

どんなに優しくされても気を使われても

ああ、今は良く思われたいんだね、

としか思いません。

 

逆に責められたり、呆れられたりしても

今はショックを受けさせたり

不安にさせたりしたいんだなと

思うだけで

自己愛性人格障害のひとが

今何を考えてその行動に出ているか

手に取るように分かってしまうのです。

 

 

そんな自己愛性人格障害のひとを尊敬したり

ショックを受けたりしている人を見ると

真に受けなくてもいいのに

と思ってしまいます。

 

ですが、Tiaraもこれに気づくまでは

ショックを受けたり

すごいな、と思ってしまって

自己愛性人格障害のひとのことを

普通の人よりもすごい人だ、

と思っていたのです。

 

本当のことが見えていなくて

外堀だけに

一喜一憂していたんですね。。

 

 

普通の人と会話をしていると

何も起こりません。

 

トラブルもおきませんし、

気を使うこともありませんし、

けんかをすることもありますが

きちんと話し合ったり

相手の気持ちが分かるようになれば

また普通に友達として

話したり楽しんだり

真剣に悩みを打ち明けたり

相手の気持ちに寄り添って

感謝してもらえたりすることができて

人間らしくのびのびと

生きることができるのです。

 

もし、あなたのまわりに

あなたのせいではなく

なぜかトラブルばかり起きて

悩んでいるのだとしたら

あなたの周りの人を

良く観察してみてください。

 

あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたり

しませんか?

 

 

あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいれば

あなたは、仕事ができるように

なりませんし、

あなたには本当の友達が

できにくくなってしまいます。

 

たとえ、本当の友達だと

思える人ができたとしても

いつの間にか、

あなたには身に覚えのないことで

信用を失ったり、

うまくいかなくなってしまったり

してしまいます。

 

もし、あなたのそばに

自己愛性人格障害のひとがいたとしても

自己愛性人格障害のひとが

あなたに全く興味を示さない場合は

比較的、生きるのが自由にできます。

 

ですが、

自己愛性人格障害のひとに好かれたり

嫌われたり、

ライバル心を持たれたりしている場合は

ことごとくあなたが弱い人間に見えるように

あなたに信頼がないように

周りからのあなたの見え方を

コントロールされてしまいます。

 

それは、

あなたを独り占めするためだったり

あなたにほかに友達や

恋人ができないように

防御されてしまうのです。

 

なぜ、そんなことを

わざわざするのかというと

自己愛性人格障害のひとは

非常に臆病で

あなたを潰しておかなければ

自分がつぶされるかもしれないと

ありもしないことで恐怖心を

極端にいだいてしまっているからなのです。

 

普通の人はそんなことわざわざしません。

 

だってすごくめんどくさいし

そもそもそんなことをしようとも

思いつきもしないからです。

 

自己愛性人格障害については

各書籍が何冊も出ていますし、

精神科のお医者様の間でも

医者でさえも

最も嫌がる病気として有名です。

 

 

普通の人からは、

あまり知られていない病気の部分で

本当はそんなことをしなくても

誰も自己愛性人格障害のひとのことを

蹴落としたり、

つぶしたりすることはないのです。

 

それでも自尊心がまったくない

自己愛性人格障害のひとは

ありもしないことで

勝手に恐怖心を持ってしまっているのです。

 

誰かを潰すことで

その人よりも自分のほうが上だと

常に認識していなければ

怖くて生きていけない病気なのです。

 

幼いころに、育った環境で

そうなってしまった自己愛性人格障害のひとに

そんなことはしないからやめてと

話しても理解できないので

攻撃と尊大な自分を見せつけることを

やめられずにいます。

 

 

自己愛性人格障害のひと本人も

それをやめることができないのです。

 

だから、自己愛性人格障害のひとから

攻撃されたり、

取り囲まれたりしないためには

あまり目立たず、何の魅力もない、

と思われるのが一番です。

 

 

自己愛性人格障害のひとよりも

魅力的に見えたり、活躍しそうに見えると

自己愛性人格障害のひとは

自分よりもあなたが

目立ってしまうことを恐れて

前もってあなたを潰しにかかります。

 

だから、自己愛性人格障害のひとには

何とも思われないのが一番なのです。

 

Tiaraは自己愛性人格障害のひとを見ていて

それがやめることができないことが

手に取るように分かります。

 

だから腹も立たないし、

怯えることもないのです。

 

ですが、普通の人には

自己愛性人格障害という

病気を持った人のことが分からないので

関わっていると

本当に失敗している、と思われるようになったり

本当に悪いことをした、と思われてしまい

周りの人からだんだん誤解されるように

なってしまいますので

自己愛性人格障害のひとがいた場合は

Tiaraはすぐに逃げます。

 

逃げ足だけはめちゃめちゃ早くなりました。

 

だから、こんなにも

自己愛性人格障害のひとのことが

手に取るように分かるようになったのに

一緒にいては危ないと思うのです。

 

今では、Tiaraの自己愛性人格障害の元彼が

元彼本人よりも

心の中が分かってしまいます。

 

でも、だからこそ、

近づくことができないのです。

 

Tiaraはただ、自己愛性人格障害のひとが

誰も傷つけないように

幸せになれる方法を見つけてほしいと

願っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください