自己愛性人格障害の彼と別れたいあなたへ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の彼と別れたくても

なかなか別れられないあなたへ

自己愛性人格障害の彼の忘れ方について

お話ししたいと思います。

別れた彼が、

何度も連絡をしてきたり、

突然家に来てどうしても拒否できない人が

いると思います。

彼が自己愛性人格障害だと気付いていても

まだ彼を好きな気持ちがあり、

彼が自分のところに

まだ来てくれるのを

待ってしまうと思うんですね。

Tiaraもずっと彼のことは好きでしたし、

自己愛性人格障害だと気付いても

彼から連絡が来ることは

怖くもあり、うれしくもあり、

でも戻ったら地獄を見ることも分かっていました。

どうしたら彼を好きじゃなくなるんだろう

と考えていました。

1年半だって思うことは

嫌いにはなれないって事です。

自己愛性人格障害の被害者で

中には、ものすごくひどいことになってしまったので

彼への恨みなる人もいますが、

彼のやり方がまだきれいなところで

別れた場合は、それはそれで

そのきれいな思いに縛られ、

彼と戻りたい一心で苦しむ人もいます。

きれいな思い出でもとんでもなくひどいことでも

ようはどちらにしても

苦しむのです。

自己愛性人格障害の人のやり方は

あなたを惹きつけておいてからの

否定と拒否です。

これを何度もされるうちに

否定や拒否だけなら

どんなに辛くても

あなたも嫌いになれるかもしれないし、

惹きつけだけなら単純に幸せです。

これを交互に繰り返されるから

混乱し、好きだという気持ちが抜けきれずに

苦しみ続けるのです。

これは彼も意識してやっているわけではなく、

自己愛性人格障害の脳の構造から

どうしてもそういった行動になってしまうので

あなたを苦しめてやろう、とか

厳密には思ってしているわけではありません。

彼自身も彼の中の

自己愛性人格障害という極端に自尊心がなく

自分が価値のない人間であるということに

耐えられず、常に必死で

人よりも上に立とうとします。

それがこのような

奇妙な行動になってしまうのです。

たとえあなたには

そんなつもりがないんだとしても

自己愛性人格障害の人は

勝手にやらなければ自分がやられる、

という思いに駆られます。

そしてだんだんにあなたを

全力でつぶしていくように

なってしまうのです。

彼のことを好きなあなたからしたら

そうとう傷つくでしょう。

だって愛情を向ければ向けるほど

憎まれてしまうのです。

だからそこで苦しまないようにするためには

自己愛性人格障害の人とは

そういった考え方をしていて

子供のころから

ずっとそうやって生きているので

それが普通だと思っています。

それを周りの人が違うと教えても

本当の意味では

理解することができないのです。

感覚で理解することができないのです。

これはインターネットが普及してきて

分かってきたことですが、

昔はいちいちそんなことを

話したりする人はいなかったので

わからなかったことだと思います。

でも、幼いころに

共感力というものを

与えられず大人になってしまった人の

特徴が、

自己愛性人格障害というものなのです。

それを理解すると

彼から離れることが仕方のないことだと

分かってくるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする