自己性人格障害の人のおそろしいほどの極端な恐怖心

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

よくやる虐待について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人がやる

被害者の苦しめ方として

パターン化したものがあります。

その状況になるためには

自己愛性人格障害の人から仕掛けられる

嫌がらせに

どれだけあなたがのせられるかによって

あなたの苦しみ方が

ひどくなる可能性があります。

そしてそれは、

あなたが自己愛性人格障害の彼を

どれほど愛しているかによって

変わってきます。

結論から言うと

彼に寄り添えば寄り添うほど

彼を愛していれば愛しているほど

彼の同情すればするほど

あなたの立場は彼によって悪くされます。

ひどい人になると

周りの誰からも信用されなくなり

陰口をたたかれ仕事を辞めなければならず、

借金を背負わされ、友達がいなくなる、

といった感じです。

それも彼に最後まで寄り添い、

自分のことよりも彼のことだけを考えていた

ということを知っているのは

あなただけなのです。

周りの人から見たら

あなたが彼に迷惑をかけている、

という風に見られるように

されてしまいます。

あなたの愛する彼が

あなたにそんなことをするわけがない、

と思うでしょう。

でもそう思って

彼に寄り添ってしまうと

あとで後悔することになるのです。

そしてそうなってしまうとあなたは

彼に対する恨みにしろ未練にしろ

彼に連絡を取って訴えかけるのですが

そんなあなたを彼は突き放します。

世間の人にこれを言ったところで

そんなひどいことする人間がいるわけがない

と信じてもらえませんが

自己愛性人格障害の被害にあったあなたには

容易に想像がつきますよね。

ひどくなる状況を

避けるためには

誰かに助けを求めるよりもまず、

あなたの心を彼から離していくことが

重要になります。

すべてを解決するためには

あなたが心の中で

彼に対して無関心になれるかどうかに

かかっているのです。

彼をまだ好きな場合、

なかなか自分から彼のことを

なんともなく思うのは

至難の業だと思います。

でも彼は心のない自己愛性人格障害なのです。

心といっても

怒りを感じることはできます。

共感力がまったくないのです。

あなたが苦しもうが辛かろうが

なんとも思いません。

なんとも思わないどころか

あなたが苦しむところを見ることでしか

自己愛性人格障害の人は

自尊心を保つことができないのです。

そして保ち続けることはできず

自尊心と安定を保ち続けるためには

誰かが苦しんでいるところを見て

自分のほうが上だと安心することでしか

自分の自尊心を保ち続けることが

できないのです。

もしもあなたのほうが

自己愛性人格障害の人よりも

上だというところを見せてしまうと

彼の敵対心をあおることになり

あなたに負けるかもしれないという恐怖心から

あなたが何もしていなくても

全力でつぶしにかかるのです。

自己愛性人格障害の人のそんな

異常な精神状態を理解して

そっと傷つけないように

あなたが下だと認識されないように

あなたが敵対心を見せないように

差新の注意を払いながら

そっと自己愛性人格障害の人から

離れるのです。

彼に、やってもいないことで

あなたが迷惑だといわれたくないのなら

自己愛性人格障害の彼から

無関心になるしか

方法がないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする