自己愛性人格障害の被害は被害者本人にしか分からない

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害は

被害者本人にしか分からない

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

自分のしていることを

まるであなたがしているかのように

話します。

彼があなたを無視すれば

「どうして口を

きいてくれなかったの?」といい

彼が機嫌をそこねて一方的に

帰ったならば

あなたが機嫌をそこねて帰ったことに

なっています。

他人が聞けばどっちがどっちなのか

分からないでしょう。

彼の気持ちを分かってあげたい、

などと言っている場合ではないのです。

あなたが意味の分からない彼の行動を

自己愛性人格障害の人は

あなたがしたように言います。

普通の人の脳で考えても

自己愛性人格障害の人の脳はあべこべに考えるため

分からないので

あなたは混乱してしまうのです。

彼はやろうと思ってしているわけでもなく

そういった複雑なことを

自然に脳の構造として

やってしまいます。

だからあなたは彼に勝つことができないのです。

自己愛性人格障害の人に付き合っていると

だんだん頭が混乱してきます。

だからうまく説明ができないのです。

Tiaraはあまりにも調べたので

自己愛性人格障害の人の考え方が

分かるので納得できるのですが

普通の人はぱっと言われても

自己愛性人格障害の人が

何をしているのか、説明ができないでしょう。

きちんと説明ができないから

彼の言うことのほうが

信用されてしまうのです。

自己愛性人格障害の人は

その自尊心が非常に低いため

どうしても人の上に立たねば気がすまないので

自然に自分の罪はあなたの罪のように言ってしまう

脳の構造になってしまっているのです。


これは性格が悪いとかそういうことではなく

どうしてもそうしてしまい、

また彼自身も自分の言っていることが

真実だと思い込みます。

だから、はたから見たら

どっちがどっちか分からないのです。

あなたがいくら言っても

自己愛性人格障害の人との

話は通じませんので

自分の中で事実をよく見てみましょう。

こんなことにずっと付き合っていたら

疲れてしまうし、

あなたが被害者なのに

あなたのほうがどんどん悪者になっていってしまうのです。

救われる方法は

自己愛性人格障害の人から離れることですが

彼は虐待行為をして

あなたの自尊心をつぶしているとき以外は

本当に頼りがいがあり優しい人なのです。

なので、あなたは彼から離れることができず

彼を正当化してしまい、

あなたが

いかに彼を怒らせないようにしたらいいかと

考えてしまっているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする