自己愛性人格障害の被害は周りの人たちから見たら全然分からない

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の被害は

周りの人たちから見たら全然分からない

ということについて

お話ししたいと思います。

 

あなたが彼にひどい仕打ちを受けている

ということは

周りの人から見たら

全然分からないと思います。

 

なぜなら、自己愛性人格障害の彼は

あなたにひどいことをしていればしているほど

周りの人には

親切に感じよくふるまうからです。

 

親切で感じのいい人が

ひどいことをするなんて

誰も考えられないですよね?

 

そんなことって普通のひとならできないと思うんです。

 

特に自分の大切な恋人や奥様や

親友などには

とてもそんなひどいことは

できません。

 

ところが、自己愛性人格障害とは

自分が信頼していればしているほど

いい人であればいい人であるほど

その人を落とし入れようとするのです。

 

 

それは、自己愛性人格障害のひとの

自尊心の低さが原因になります。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心があまりにも低いことから

周りの人から、悪く思われることに

極端なほど恐れをいだいています。

だから、他人がいるところでは

その人を信頼していなければいないほど

悪く思われることを恐れるため

その信頼していない人に対して

親切にしたりしていい人であろうとします。

 

よく夫婦関係や恋人同士でも

相手のことを信頼しているからこそ

甘えが出てしまうことがあると思うのですが、

その極端な例が自己愛性人格障害なのです。

 

普通の人は恋人が悪く思われるようなことは

しませんが、

自己愛性人格障害のひとは

あなたが絶対に自分のことを嫌いにならない、という

自身が強ければ強いほど

安心してあなたに怒りの感情をぶつけるのです。

 

だってあなたは優しいから

俺のこと好きだから

これくらいのことで俺のこと嫌いにならないよね?って

強い信頼関係からひどいことをします。

 

普通の人はこんな感情があることを知らないので、

恋人とうまくいくために

相手に寄り添ったり、思いを伝えようとしますよね?

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

あなたが彼を好きな思いを見せれば見せるほど

安心して、彼のおなかの中の怒りを

ぶつけることができるのです。

 

それが世間の人にばれると

周りの人は信頼していないので

あいつはそんなことしてるのか!と

周りの人の反感を買うことを知っているので

全力でそんなことは阻止しようと

思います。

 

だから、世間の人には

そんな人に思われないように

極端に親切にしたり立派な人間にふるまったりして

極端なほどいい人を演じようとするのです。

 

自己愛性人格障害の見分け方で

せs県的に見て単純にいい人だね、

というレベルではなく、極端なほど

いい人すぎるのが、自己愛性人格障害だ、

という人がいるのですが、

それは臆病な性格から、

絶対に怪しまれないようにして

安心できる人間に精神的虐待をして

全力でそれを隠すためにしていることから来るのです。

 

だから、出会った最初のころの彼の印象を信じていて

昔の彼に戻ってくれると

期待をかけてしまった人ほど

とんでもないことになっているのです。

 

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと確信した場合は

彼に期待をしないほうが

あなたのためになるでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください