自己愛性人格障害の被害はなぜか外部の人からは全く分からない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭った人でないと

話しても分かってもらえない、

ということについて

お話したいと思います。

あなたがもし、

自己愛性人格障害の被害に遭ったことを

友達に話したとしても

もしかしたらあなたの言っていることが

分からないかもしれません。

もし、あなたの友達が

あなたの話を信じてくれなかったり

彼のことを病気だととらえることができず、

「あなたのほうがおかしい」とか

「我慢が足りない」

と言われてしまうかもしれませんが、

友達は別に

あなたが嫌いなわけではないのです。

それほどまでに

信じられないやり方をしているのです。

そのせいで、あなたも長い間

気づかなかったのではありませんか?

自己愛性人格障害という病気は

通常では考えられない出来事が起こるので

あなたが信じてもらえなくても

当たり前のことなのです。

本当は

あなたにとてもひどいことをしているのに

まったくそうは見えないのは、

彼自身、罪悪感が全くないからなのです。

むしろ、

彼を怒らせたのは

あなたの方だと本気で信じていると

思います。

おまけに自己愛性人格障害のひとは

とても

コミュニケーション上手なので

自己愛性人格障害のひとに

ひどいことをされていると言ってしまえば

あなたのほうが

被害妄想に掻き立てられている、

ととらえられても

仕方のないことなのです。

そこで分かってもらいたい気持ちが

強くなってしまい

じたばたすればするほど

あなたのほうが冷静ではないので

落ち着いてうろたえている

自己愛性人格障害のひとのほうに

同情してしまうのです。

ひどいことをしているのに

ひどく見えないことが一番怖いことだと

いう人もみえます。

もし、周りの人にでも

分かってもらうことができたのなら

被害者になってしまったあなたも

少なからず救われると思います。

ですが、

あなたのほうがひどく見えてしまうのです。

こんなに辛いことはないと思います。

自分のメンタルを保つことができないのも

当然のことだと思います。

自己愛性人格障害のひとのやり方は

自分が悪く思われることへの

あまりの恐怖心のために

どうしても

自分が被害者に見えるように

ふるまってしまっているのです。

そのため、

動揺したり、分かってもらおうと

いろいろ話をするあなたのほうが

悪く見えてしまうのです。

不思議ですよね。

何もかもが

反対に見えてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは

自尊心があまりにも低いからこそ

尊大な自分を演じてしまい

その反対に

立派に落ち着いて見えてしまいます。

あなたは本当のことを言っているのに

その話があまりにも不自然なほど

常識とかけ離れているので

あなたのほうがおかしく

見えてしまっています。

あまりにも不自然なことをしているのは

自己愛性人格障害のひとのほうなのに

それを隠している自己愛性人格障害のひとは

冷静に見えて

本当のことだからこそ

話して分かってもらおうとしている

あなたのほうが

おかしく見えてしまうのです。

ひどいことを常に

立て続けにされていることは

とても辛いですよね。

たまにドカンと1回

ひどいことをされるよりも

誰にも分からないように

こっそりと常にされることのほうが

だんだん堪えてきます。

それなのにあなたのほうが

悪く取られてしまうことほど

辛いことはないと思います。

人は、ひどい目に遭ったことでも

誰かに分かってもらえれば

それだけで救われることもあります。

ですが、

誰にもわかってもらえなければ

心臓が止まりそうになるほど

強烈にショックを受けるのです。

しかも、大きなことをドカンとやられると

周りの人にもわかりやすくなるので

分かってもらえる確率が高くなりますが

自己愛性人格障害のひとのやり方は

分かるか分からないか、

というほどのレベルなのです。

だからそれをわざわざ言うと

あなたのほうが悪く取られてしまうのですが

実は立て続けに

常にされていることのほうが

ダメージが心の中に

しみついていきやすくなり

それも取れにくくなってしまうのです。

これは本当に苦しいと思います。

精神が病んでしまっても

何ら不思議はないほど

自己愛性人格障害のひとは

ひどいことをしているのです。

だから、

あなたがするべきことは

その不自然な出来事に耐え続けて

人に分かってもらうのではなく

誰にも言うことなく

自分が傷つくよりも早く

その不自然な出来事から

離れなければならないのです。

もちろん、あなたが彼と離れたくなければ

離れなくても構いません。

離れろと言っても

無理な人もいます。

でも、その時は、

自己愛性人格障害の被害の苦しみを

人に話してはいけないのです。

これは、何も

自己愛性人格障害のひとのためではなく

あなたを守るためなのです。

あなたは自己愛性人格障害のひとに

理不尽に攻撃されています。

それなのに、あなたは

誰にも分かってもらうことなく

彼にも分かってもらえることもなく

すべてをあなたのせいにしてしまう

自己愛性人格障害の被害に

信用を失ってしまうのです。

あなたのそばから

誰もいなくなってしまっても

あなたは彼と離れたくないと

思いますか?

自己愛性人格障害のひとは

あなたをひどく傷つけ続けることで

かろうじて自分を保つことのできるほど

自尊心が傷ついた病気なのです。

彼にそれをやめてと言って]

分かってもらえるほど

彼は平静ではいられないのです。

あなたがあなたの心を守るためには

あなたが逃げる事が一番なのです。

Tiaraはこの年になって

初めて逃げることを覚えました。

あなたもしなくてもいいはずの責任を

追いすぎているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする