自己愛性人格障害の被害にあうと人を見る目のスキルが格段に上がる

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害にあうと

人を見る目が格段に上がる、

ということについてお話ししたいと

思います。

自己愛性人格障害の相談を

受けていると

被害者のなかに

人を見る目が

格段に上がっている人たちが

大勢みえます。

自己愛性人格障害の被害は

本当にひどいものが多いですが

自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合、

たいていのひとが

カレの気持ちが分かるようになりたい

と思うあまり

なかなか彼から離れようとせず、

ひたすら努力を続けるひとが

山のようにいます。

もともと、

自己愛性人格障害の被害に

遭うようなひとは

そういった感じのひとが多く、

なんとか彼とやっていきたいと

思うあまり、

ひどいことをされながらも

彼のそばにいることが多いのです。

そのため、

自己愛性人格障害の勉強をしながら

自己愛性人格障害の彼の様子を

見ることになりますので

自己愛性人格障害の特徴が

手に取るように

わかるようになるのです。

自己愛性人格障害でなくても

どんな人のしぐさや嘘も見抜き、またその人が

いったいどんな目的でそれをやっているのかも

手に取るように分かるようになるのです。

そしてその逆に何の目的もなく

素直にそのまま話している人も

分かるようになるので

どういった人と付き合えばいいのか

判断できるようになります。

自己愛性人格障害の彼の

そのときの心情を冷静に考えて、

どうしてそんな風になってしまうのか、

どうしてそんな行動をとるのかと、

悩みながら真剣に

彼のことを見ているので、

だんだんと自己愛性人格障害のひとの

特徴も行動も心情も、

1つのルールに

もとずいて動いていることに

気づくのです。

どんなときに嘘をつき、その嘘は

なんのためにしているのか、

本当のことを言っているとき、

泣いているとき、

説教をしているとき、

あおるような行動をとるときと

すべてが、

ある日いっぺんに紐づいて

見えるようになってしまうのです。

そしてどういうときに

彼を怒らせてしまうのか、

どういうときにあなたに愛を語るのか、

またどんな心情のときに喜んで、

どんなときに怒りを感じるのかが

分かるようになってしまうのです。

相談の途中で分かるようになり、

tiaraの仕事を手伝いたい、

というかたも数名みえますし、

あるいはカウンセラーになってしまったかたも

数名みえます。

また、今後、

自分がどんな行動をとれば攻撃されないのか、

どんなひとを避けて生きればいいのかが

だんだんわかるようになってくるのです。

そうなると、あんなにも人を頼りにしないと、

自分で判断できなかった被害者たちが、

冷静に自分一人で

本当のことが判断できるようになってくるのです。

こうなってしまうと

もう被害者は被害を受けなくなり

また、まわりにいる被害者の人を

助け出すことができます。

罵られても、そのひとが

どういった意味で怒っているのかも

分かるようになるので、

無意味に堪えたり、

苦しんだりしなくてもすむようになるのです。

ここまでくると

被害者の人たちは

普通の人よりも判断能力に長け、

物事を冷静に自分で判断できしかも

どんな人を信じればいいのか

見抜けるようになるので

自己愛性人格障害の人の

尊大な自分を魅せつける素敵な姿を見ても

あこがれることもなく、

そして自分が

ターゲットにされそうになったときも

すばやく対処ができるようになるので

ターゲットになりそうになっても

対処を繰り返すことによって

ターゲットからはずれていきます。

すると、周りの人に邪魔されることなく

こそこそと自分の魅力を引き出していけるので

つぶされることはなくなります。

そうなったときは、

今までの自分のせいではなく

人生をつぶされてきたことを

取り戻して

あなた本来の人生を楽しみ

生きていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする