自己愛性人格障害の被害に遭わないためには、あなた自身が自分に自信を持つこと

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害に遭った人が

被害に遭ったことを

自分にプラスにしていくための方法について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭った人は

ほとんどの人が

その被害の辛さから

抜け出るのがなかなか

難しい人がほとんどです。

理由としては、

あまりにも

理不尽な出来事に納得いかないことが

一番の原因だと思います。

人は何らかの事件が起きたときに

その理由を考え、

納得できるものならある程度

消化していくことができますが、

その理由に納得できないと

いつまでもその苦しみから

逃れられないと思います。

人は常に物事に対して

理由を探しているのです。

ところが、

自己愛性人格障害の被害というものは

特に、被害者に

その原因があるわけではなく

もともとが

自己愛性人格障害のひとの心の中に

自尊心というものがありません。

そのことに耐えられないために

自己愛性人格障害のひとが

他人を蹴落として

自分に価値を見出したり

他人から極端に強く求められることで

自分の価値を認めようとします。

そのために被害者が

冷たい態度をとられたり

人格を否定されているわけですが、

普通のひとなら

理由もなくそんなことをするとは

常識では考えられません。

だから被害者に何らかの理由があると考え、

被害者のダメな部分を探します。

人は欠点が1つもない、という人のほうが

珍しいので

被害者の苦手な部分や、

ミスなどから

自己愛性人格障害のひとが怒っている、

と関連付けて考えてしまうため

誰でも悪く言おうと思えば

悪く言えてしまうだけのことなのですが、

被害者のその欠点から

自己愛性人格障害のひとのやっていることが

なぜか正当化されてしまいます。

そして、被害者自身も

自尊心が低いので

自分に原因があると考えてしまい、

自分の価値をどんどん落として辛くなります。

だから被害者に原因があるわけではない、

ということを被害者自身が

気づかなければならないのです。

周りの人も操作されてしまいますので

自分一人が、

自分のことを

正当化してしまうことのような気がして

なかなか自分に非がない、ということに

気づきにくいかもしれませんが、

あなたは

それほど責められる必要のないことで

責められているのです。

周りの人に自分には非がないと言ってしまうと

余計に悪者にされてしまう恐れがありますので

周りの人には言う必要がなく、

自分自身が自分のことを

認められるようになればいいのですが、

被害者になりやすい人には

それほどの強さはありません。

けれど、自己愛性人格障害のひとの

マインドコントロールに乗ってしまい、

あなたは、

何もしていないのに悪者になると

自己否定をしてしまうと

どんどん辛くなり

心の病気になってしまいます。

すべての攻撃に打ち勝つには

冷静な判断と

自分に自信を持つことです。

そして、周りの人に振り回されず

真実を見る目と強い心が大切なのです。

とても難しいことですが、

これさえできれば、

あなたは今までは人に潰されてきただけで

自分はそんな人間ではないと

思えるようになり

すべてに自信が生まれ

冷静な判断ができるようになります。

自己愛性人格障害のひとは

人を自分の鏡のようにして映し出さないと

自分に価値があるとは思えませんが、

被害者には、

自分で判断する能力が本来はあるのです。

人に分かってもらう必要はないのです。

分かってもらいたいと

バタバタしていると

余計にあなたのほうが、

おかしく見えてしまいます。

あなた自身が、

自分に自信が持てるようになると

周りの人は

自然にあなたに敬意を示すようになるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする