自己愛性人格障害の被害者の対象になってしまう人の特徴

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者は

人生の邪魔をされなければ

幸せオーラ前回のひとである

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとと

被害者のひとのお話を、数多く聞いてきて

気づいたことがあるのですが

もし、自己愛性人格障害の

被害に遭っていなかったら

被害者はもともとは

ものすごく気が大きくて

小さなことにも喜びを感じることが

できる人だと思っています。

小さなことに喜びを感じるからこそ

相手のための尽くすことができるし

相手の喜ぶ顔を見たくて

一生懸命努力をしたりします。

そして、たとえ相手の機嫌が

少し悪かったとしても

きっと何かあったんだろうな

と相手の気持ちを理解してあげられるような

そんなゆとりのある人が

ほとんどなんじゃないでしょうか?

それでもそんな雰囲気が

自己愛性人格障害のひとから見ると

少しくらいのことは

この子なら許してくれそうと

無意識のうちに判断して

近づいてしまいます。

それくらい温和な人でなければ

自己愛性人格障害のひとは

驚くほど用心深いので

攻撃を仕掛けられないのです。

それなのに

被害者になった人が病むほど

攻撃を仕掛けられ続けてしまうのは

被害者の人が

少しのことなら

傷つけられたとしても

我慢をし続けたり

気づいていなかったり

相手をいい風に考えすぎて

長い時間をかけて心を潰されるまで

耐え続けてしまうからです。

これは、もちろん自己愛性人格障害のひとが

攻撃ができるところには

取り留めもなく

攻撃をし続けてしまうからなのですが

被害者側も自分が傷つけられているのに

逃げようとしません。

それどころか強すぎる責任感と

なんでも自分が悪いと思いすぎるところから

自責の念に駆られて苦しんでいるのです。

つまり自己愛性人格障害の

被害者になるような人は

自分を守るスキルが

極端に低いのです。

もし、あなたが

自己愛性人格障害の被害に

遭っているのだとしたら

あなたは自分を守るスキルが

あまりにも足りていません。

あなたに足りないのは

人に優しくする心でも

人に対する思いやりでも

ないのです。

それを自分が悪いからと

すべてを自分のせいにしてしまっては

あなた自身がかわいそうだとは

思いませんか?

人は守ってくれないのです。

人のことだとめんどくさいというか、

どうでもいいから

あなたがいくら苦しもうと

あなたに責任があるからじゃないのかと考えがちで

人のことをそこまで深くは考えてくれません。

だから最終的に自分を守るのは

自分なのですが

あなたには

その自己防衛本能が極端に少なすぎるのです。

ですのであなたにまず必要なスキルは

他人に思いやりをかけることではなく

自分を守る力なのです。


世の中の常識として

一生懸命やっている人に対して

そこまで潰す人はいない、

となっているようですが

自己愛性人格障害のひとは自分がつぶせるだけ

潰してしまいます。

あなたはそんなことはないと

思っていませんでしたか?

あなたが自己愛性人格障害の存在を知ったのなら

つぶせそうな人をとことん

潰しにかかる人間がいると

知ったのですから

自分を守るのは自分しかいないと

心に深く刻み込んでください。

あなたを守れるのは

あなた自身しかいないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする