自己愛性人格障害の被害の大きさ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

関係の壊れてしまった人とその彼のその後の心境について

お話ししたいと思います。

 

みなさんからのコメントを読んでいると

涙が出ます。

こんなにも大勢の人たちが、同じ思いに苦しんでいることに

何とも言えない悲しみを思います。

 

同時にこんなにも大勢の自己愛性人格障害の人がいて

いろんな人の心を傷つけながら生きていて

しかも今後もその苦しみを与え続け、自分も苦しみ続ける。。。

 

その数だけの無駄にした深い愛がなんともふびんに転がっているような気がします。

中には、本当に十何年も彼と付き合ったという人も見えて

長い間、自己愛性人格障害に苦しみながらも

愛を信じてついてきたと思うと

本当に悔しいです。

 

自己愛性人格障害の人も

晩年は、自殺してしまうという人もいるようですが、

本当に自分の人生生きていても仕方ないと思うのでしょう。

 

自己愛性人格障害の被害者の方は、

彼と離れれば、新しい人生を切り開くことができます。

 

いままで、彼に縛られてきた部分も多くあると思います。

 

あなたの好きなことをたくさん思いだして

すてきな体験をいっぱいしていってください。

 

Tiaraも彼のことを忘れるくらい幸せになってやろうと

好きなことをたくさんしていますが、

やはり彼と過ごした日を思いださない日はありません。

 

今は、とても穏やかな日々を過ごしていますし、

たくさん楽しいイベントも参加しています。

 

友達と飲みに言ったり、旅行の計画も立てています。

 

子供たちも幸せそうにしています。

 

でも、彼のことを想うと、本当にふびんでなりません。

今頃、また誰をターゲットにして誰かと暮らしているのか、

それともなんとなく自分で気づいて、

もう誰とも一緒にはいなくて1人でいるのか。。

 

どちらにしてもふびんでなりません。

 

彼と一緒にいたときから飼っている熱帯魚が1匹だけ

まだ生きているんです。

もう何年もたっていますが、長生きで

まだ元気よく泳いでいます。

 

それを見ると、

まだ何年も前の話じゃないんだと改めて思います。

 

この世から自己愛性人格障害なんてなくなってしまえばいいと思っていますが、

問題のある親に育てられた子供は、

なぜか心を持たなくなって、そのような心の病気になってしまいます。

 

子供が生まれたら、本当に温かい愛情をもって育ててほしいと思います。

そうじゃないと、その子もその子の周りにいる人たちも

ものすごく辛い人生を送らなければならない性質になってしまうんです。

 

 

親が自己愛性人格障害だった場合、

その親にも自覚がありませんので、仕方のないことなのかもしれませんが

そういう人には子供は持ってほしくないです。

 

Tiaraが今まで見たことのある自己愛性人格障害は、

彼を含め、たまたま子供がいませんでした。

 

でも、この世に生まれてきた子供たちは

みんな幸せになる権利を持って生まれてきているんです。

 

本当にこの世から自己愛性人格障害の人が

1人もいなくなってしまえばいいと思います。

 

そのためには、被害者は、1人残らず

自己愛性人格障害の彼から離れてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください