自己愛性人格障害の被害者は被害を受けてもなおまだ彼のことを大切に思っている不思議

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の人は

被害を受けてもなおまだ彼のことを

愛し続けている、ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の人の相談にのっていると

みなさんほとんどの方が

彼が自己愛性人格障害だと気づいても

彼のことを本当には恨んでいません。

 

今までしてきたことを

裏切られたような気持ちだったと

彼に対して恨みに代わってしまった

といっている人でさえも

前のように幸せなときに戻れるのなら

彼を許して

また一緒にいたいと考えています。

 

自己愛性人格障害の人に

ものすごく傷つけられているのに

不思議な感じがしませんか?

 

普通の人なら

こんなことをしたら

恨まれてもおかしくないほどのことを

さんざんしています。

 

なぜこんなにもひどくなっても

まだ彼のことを好きでいられるのかというと

自己愛性人格障害の人の

あなたの感情の調整機能にあります。

自己愛性人格障害の人は

精神的に嫌がらせ行為をして

あなたの自尊心を傷つけていきますが、

あなたが傷ついて悲しんでいるうちは

嫌がらせ行為をどんどん強めていきます。

 

ですが、あなたが彼の何かがおかしいと気づき

彼から離れようとしたとたん

あなたの様子をみて

急に虐待を弱めたり、

あなたに優しさを見せたりしてきます。

 

しばらく彼の連絡が取れなくなり

音信不通になってしまっているときも

あなたがもうだめだ、とおもい、

あきらめかけたとき

不意に彼から連絡が入ります。

 

このタイミングが絶妙なのです。

 

もし、もう少し遅いと

あなたは

彼のことをあきらめてしまいますが、

自己愛成人感覚障害の人は

このタイミングが

あなたがぎりぎり

彼と連絡が取れてうれしい、

と感じる時に連絡してくるのです。

 

もう少し前だと

あなたはすぐにほっとしてしまうので

あなたのことを

コントロールすることができません。

 

あなたが彼と連絡が取れないことに

心配になり、不安になり

混乱してちょうど

(もうだめだ。。)とあきらめかけるチャンスを

狙うのです。

 

そのときの連絡であなたは

やっぱり考えすぎだったんだ、とか

嘘じゃなかったんだね、とか

そんな事情があったのなら仕方ないか、

と思えるような内容で

彼のことを責めるような出来事ではありません。

 

だからあなたは彼に放置をされたことを

一瞬で許してしまうのです。

 

そうやってあなたは戻るたびに

彼の攻撃が少しづつ

強くなってきていることに

気づいていません。

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたに気づかれないように

こっそりと攻撃を強めてきているのです。

 

あなたにはばれていませんが、

あなたは彼といることが

少しづつ苦しくなってきているはずです。

 

そして苦しいのにぎりぎり一緒にいられるほどの

余裕を残してあるのです。

 

そして攻撃をまただんだんに強め

あなたが気づきそうになると

優しくしたり、頻繁に連絡が来るようになるので

あなたはうれしくなってしまい、

気づかないのです。

 

この絶妙な距離のとり方が

あなたが彼を嫌いにさせない微妙な距離での

嫌がらせで

さらに

あなたをこの上なく

お姫様扱いしてくれて

優しくしてあなたが離れていかないように

調節しているのです。

 

 

これがあなたが彼を嫌いにならない秘密であり

あなたが少しづつ苦しくなっても

抜けられない秘密になっています。

 

これを繰り返すことにより

あなたはだんだん彼に

何も言えなくなっていくのです。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください