自己愛性人格障害の被害者の中にある嫌われたくない気持ち

こんにちは♡

今日は、被害者の人のなかにある

嫌われたくない気持ち

についてお話ししたいと思います。

 

自己愛性人格窓外の被害にあうような人は

共依存症の人が比較的

多いとされています。

 

 

共依存症の人も

自己愛性人格障害の人と

同じで、自尊心がほとんどありません。

 

自分に自信がなくなってしまった原因は

自己愛性人格障害の人とほとんど変わりなく

身近な人に正当な評価をしてもらえないまま

育ってしまっています。・

 

Tiaraにも

少し覚えがありますが

どれだけ努力しても

うちの親は割と軽くしか見てくれず

茶化したようにバカにしたところが今でもあります。

なので、自分では、

そんな風には思っていませんが

そのせいで、極端に

努力し過ぎるところがあります。

 

自分が努力することで

認めてもらおうとするところは

確かにあると自覚していますし、

しかもそれを小ばかにされても

ほとんど怒ることがありません。

 

あなたも自分の幼少期を

思いだしてほしいのですが、

周りの大人に素直に評価されて

大事にしてもらった覚えはありますか?

 

すべての人が同じ原因ではないので

親に可愛がられて育った

という人もいると思います。

 

Tiaraも父親には大事に育てられたと思っていますので、

その母親の軽口が

大人になってそんなに重要なことになるとは

思っていませんでした。

 

共依存の人は

どこかで自分に自信がなく

必死で相手に歩み寄り

努力をすることで彼に認めてもらおうとします。

 

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

正当な評価をされないことに慣れてしまっています。

 

 

だから普通の人が怒るようなことをされても

許してしまうことが多いのです。

 

自分を一番大事にできるのは

自分です。

 

自分が自分のことを大事にしていなければ

周りの人も

あなたを大事にしなくてもいいんだ、と

錯覚してしまい、

あなたには何をしても罪悪感を

持たれなくなってしまいます。

 

 

優しいこともいいことではありますが、

自分がどんな風に扱われても

その人についていく、という決心はしなくても

かまいません。

 

彼がきちんとあなたを大事にしているか

まず判断してください。

 

あなたを大事にすることを

日かの人に頼ってはいけません。

 

あなたはまず自分を大事にするべきなのです。

 

そのうえで、自分を犠牲にすることなく

相手に優しくしてあげたり

相手のことを支えてあげてください。

 

その際、あなたが何の感謝もされていない場合、

その人はあなたを大事にしていません。

 

 

自己愛性人格障害の人は

自分に尽くしてくれる人に

ひどいことをしますので、

本当に、

彼があなたのことを大事にしているか

よく考えてみれば

分かることなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください