自己愛性人格障害の被害者はトラブルメーカー??

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者の人が

トラブルメーカーなのか?という疑問に

お答えしていきたいと思います。

あなたが今まで生きてきて

学校や職場、様々な場所でトラブルは

ありましたか?

どうしてこんな風になっちゃうんだろうって

思ったことはありますか?

自分はうまくやっていきたいのに

いつも何か事件が起きて

トラブルに悩まされる、という人は

案外多いと思います。

Tiaraの恋愛相談室に来る人も

トラブルメーカーだという事を

自己愛性人格障害の彼にいわれた、

という人がちょこちょこ見えるので

お話ししておきたかったのですが、

あなたが何もしていないのに

なぜか、うまくいってない場合

必ずそばに自己愛性人格障害のひとがいます。

知らない間に

口をきかれなくなっていた

なんていう人も

その人自身がなにかをしてしまった、

ということはなく

知らない間にあなたが悪く思われるようなことを

自己愛性人格障害のひとに

話されているのです。

しかも彼は、

悪口を言っているようには

見えないのです。

本当に何か失敗してしまった人は

心当たりがあります。

だから自分で失敗してしまったことに対して

落ち込むことはあると思いますが

知らない間にうまくいかなくなっていた、

という事はないと思います。

あなたは何も身に覚えがないのに

周りから情報があなたにだけ入ってこなくなったり

あなたの話をまともに聞いてくれる人がいなくなった場合

自己愛性人格障害の人が

あなたが周りの人から

信用を無くすような話をされてします。

あなたが身に覚えがない時のほうが

怖いと思います。

何もしていないのに

大事件になってしまうこともあります。

それは被害者の人が

相手のことを思って言わなかったり

相手のことを思って優しくしたり

すればするほど

ひどいことになっています。

極悪人だと思われているほど

優しくて

相手のことを思って行動する人だったりするのです。

そんな時は必ずそばに

自己愛性人格障害のひとがいるはずです。

そして自己愛性人格障害のひとは

あなたが悪く言われることによって

人気者になっているはずです。

自己愛性人格障害とは

ターゲットを1人決めて

その人が起こしたトラブルを

解決してあげる、

またはターゲットのせいで自己愛性人格障害のひとが

迷惑をかけられている、という風に見えるのです。

そしてあなたを極悪人に仕立て上げることによって

周りからの信用を得ているのです。

だから必ず悪者を1人用意するのですが

その悪者、というのは

本当に悪いことをする人ではありません。

むしろそんなことはできないタイプの

人が多く、人が良すぎるために

人を責めることができない人だとか

人の失敗をかぶっても黙っているような

お人よしタイプの人が多いのです。

そして、知らない間に

トラブルがその人のせいになっていて

それでも訳が分からず

自分の何がいけないのかと

悩みこんでしまうのです。

そして、そうなってしまったときには

あなたは悪者になってしまっているので

あなたは何がどうなったか

聞くこともできません。

そして孤立したり

その場にいられなくなったりします。

だから本当のことが分からないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする