自己愛性人格障害の被害者の自分の判断を信じる力

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害者が

自己愛性人格障害のひとからの

マインドコントロールを見破るには

自分を信じる判断能力が

どれほどあるかに、かかっている

ということについて

お話ししたいと思います。。

 

自己愛性人格障害の被害に

遭いやすい人は

自分の意見に自信のないひとが

多いです。

 

彼を頼っている、というか

無意識に

彼に従うかたちにより

愛してもらえると思っていて

彼のいうとおりにしようとします。

 

付き合いが長く続いた場合、

あなたの考えを長い間

否定されてきているので

自分の考えに

自信を持つことができません。

 

tiaraも以前は、

自分の考えに

自信を持つことができず、

物事を判断して失敗すると怖いので

必ず友達やひとのいうことを

聞いたりしていました。

 

なにかおかしいな、と思っても

そう思っているのは

自分だけかもしれないし、

他の人からみたら

そんなのは

何でもないことなのかもしれない、

と思って自分で判断することが

できませんでした。

 

 

仕事もできる彼で

判断能力にも長けていると思っていた

たよりがいのある彼ですから

自分の考えよりも

彼に相談することが一番いい、

と思っていて、彼を信じて

疑いませんでした。

相談者のかたのお話を聞いていても

「私なんかよりも

よっぽどしっかりしていて」とか

「頭のいい彼ですから」とか

「人当たりがいい」や

「たよりがいのある」ということばを

みなさんおっしゃるかたが多いので

もし、彼が

自己愛性人格障害だった場合

とても気づきにくいです。

 

 

自己愛性人格障害のひとの

言っていることがおかしい、

と気づくには

まず、自分の判断を信じる力が

必要になるのです。

 

それがないと被害から

脱出することができません。

 

自己愛性人格障害のひとは

被害者を、周りの人からも

信用されにくくなるよう

操作していきますので、

あなたが、だれにも信用してもらえない中、

自分で判断しなければいけませんので

だれかを頼っているようでは

なかなか判断をするのは

難しいでしょう。

 

ですが、あなたが感じる気持ち悪さや

違和感、そして苦痛など

あなたを愛してくれている人が

与えるものでしょうか?

 

ふだん、どんなに優しくても

どんなに頭がよくても

どれだけあなたのためにやってくれたとしても

この苦痛や違和感があることは

おかしいのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

尊大な自分を魅せつける、という特徴と

自分のお腹の中の怒りを

誰かにぶつけなければ

まともでいられない

という正反対の

二つの特徴をもちます。

 

この二つの時期を交互に繰り返し

あなたに判断能力がない場合、

彼が正しいのに、苦しいのは

じぶんのせい、と

無意識に自分を責めていくのです。

 

友達に相談しても

おそらく、

自己愛性人格障害を知らない友達には

あなたが彼の気持ちを考えてあげて、と

言われてしまうでしょう。

 

でもあなたはもう充分に彼のことは

考えすぎるくらい考えているはずです。

 

あなたに必要なのは

人に合わせることでなく

自分を信じる力です。

 

共依存症の人は、人に合わせる力は

極端に強いです。

 

ですからあなたに足りないのは

自分で判断し、自分を信じる力なのです。

 

もう少し、自分の不快な気持ちに

素直になってみましょう。

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください