自己愛性人格障害のひとは被害者の仲良くしたいという気持ちを利用する

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

被害者の仲良くしたいという気持ちを

利用することについて

お話ししたいと思います。

 

Tiaraの恋愛相談を訪れてくる方は

ほとんどが

自分の彼が何かおかしいと思い

調べているうちに

自己愛性人格障害の人の特徴と

あまりにも似ているということから

このまま付き合っていくことが

心配になり

来られる方がほとんどです。

 

Tiaraもそうでしたが

自分の彼が自己愛性人格障害でも

大好きな彼と別れたくない

という人がほとんどです。

 

何とかして仲良くやっていけないかと

相談することが普通ですが、

残念ながら自己愛性人格障害の人とは

仲良くやっていこうとすると

虐待されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害の特徴を

知っていくと

仲良くやろうとすることが

自己愛性人格障害の人を

安心させることになって

安心して虐待できる人物として

ターゲット認識されてしまうのです。

 

初めのころは、特に、

自己愛性人格障害の人の

おなかの中の怒りを

ぶつけても逃げていかない相手か

どうかを試しているので

たいていの人は気づかれないよう

ものすごくあなたを愛していて

大切に思っていると

アピールしてきます。

 

だから、自己愛性人格障害の人に

安心感を持って

よほどタイプではない場合を除いては

好きになってしまったり

寄り添ってしまう人が

ほとんどだと思います。

 

だって自己愛性人格障害の人は

第一印象はものすごくいいのです。

 

ちょっといい人、というよりは

ものすごくいい人なのです。

 

だからあなたに恋人がいなかったり

募集中だったり

その時の彼に

不満を持っているような場合は

自己愛性人格障害の人と

付き合ったほうが

幸せになれるのではないかと

思います。

ですが、自己愛性人格障害の人は

普通では考えられない方向に

感情が動くのです。

 

あなたが

彼のことを好きになればなるほど

あなたが彼のことを

思えば思うほど

あなたが彼のことに

寄り添えば寄り添うほど

彼はあなたに

自分のおなかの中の怒りをぶつけたり

あなたに自分の魅力を見せつけて

あなたからの称賛をもらって

安心したり喜んだりします。

 

自己愛性人格障害の人と

うまくやっていくには

多少の距離を保ちながら

あまり感情を入れず、

彼のことを称賛もせず

彼に寄り添うこともしなければ

なんとか平和は保てるのです。

 

あなたが人間の心を持っていなくて

彼から好かれることを望んだり

彼のことに大切にされることを

望まなければ、

普通の関係は保てるかもしれません。

 

そして、彼からぶつけられる怒りに

堪えたり辛くなったりしなければ

いいのですが

そんなひとはいないですよね。

 

あなたも人間なので

時には彼と違った意見を言ったり

怒ったり泣いたりします。

 

すると、自己愛性人格障害のひとは

ものすごい怒りをぶつけてきて

理不尽にののしったり

捨ててしまったりするのです。

 

そう考えてみると

自己愛性人格障害の人と

恋人同士になったり

結婚をしたりすることは

難しいことなのです。

 

自己愛性人格障害の人と

恋人になったり

結婚したりすることは

不可能ではありません。

 

自己愛性人格障害のひとは

そのときのタイミングにより

結婚したほうが

自分の立場を保てると思った時や

結婚しないとまずいと思った時には

結婚することもあるでしょう。

 

 

ですが、長くは続かないうちに

どちらかに限界が来てしまうのです。

 

あなたがひたすら我慢をしていれば

彼はあなたを

手放さないかもしれません。

 

ですが、それではあなたの心が

持たないのです。

 

残酷なことを言っているようですが

自己愛性人格障害のひとは

その特徴により

そういった行動を

やめることができません。

 

自己愛性人格障害のひとも

必死なので、

自分がどうしてそういう行動に

出るのか、分かっていないし、

自責の念がないので

自分の中の怒りが、すべて

あなたや周りのひとのせいだと

思い込むのです。

 

あなたも自己愛性人格障害のひとと

ある程度一緒にいたのなら

分かると思いますが、

普通のひとなら

なんとも思わないことで

怒り狂ったりしませんか?

 

そんなことでそこまで怒る、

という感情を

不思議に思ったことはありませんか?

 

自己愛性人格障害のひとは

自分の育ってきた環境により

共感力を使っていると

あまりにも辛すぎる状況のため

育っていく過程で、

共感力を使わないようになった

と言われています。

 

 

Tiaraの恋愛相談室を訪れる方にも

お聞きしているのですが

やはり子供の頃の環境は

同情をそそるようなものが多いです。

 

その悲しみを

あなたはなんとなく理解し

自己愛性人格障害のひとが

ほっておけなくなってしまう

のでしょう。

 

ですが、あなたが彼に

共感すればするほど

彼はひどいことをしてきますので、

臆病な自己愛性人格障害は

安心して虐待できる

優しいあなたに、

攻撃をして苦しむあなたを見て

少しだけほっとしているのです。

 

ですが、それではあなたの心が

もちませんので

できるだけ早く逃げるよう

自己愛性人格障害のひとの症状に

心で納得してください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください