自己愛性人格障害の人が考える恋愛について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼が

付き合いだして初めのころは、モラハラ行為を

絶対に見せない理由について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の特徴として

外面がよく、人付き合いが非常にうまい、

というものがあります。

それは、自己愛性人格障害の人の中で

本当は自尊心が非常に低く、

自分が生きている価値がないと

恐怖に感じてしまうくらい極端なものなので

それに耐えられず、そこを自分で見ないようにします。

そして尊大な自分を魅せつけることによって

自分自身が満足できるので

常に尊大な自分を見せつけてしまいます。

それによって外面がよく

魅力的に見えてしまうのですが、

あなたが、彼に魅せつけられて、

彼から離れられないと分かると、

安心してモラハラ行為をしてきます。

ということは、

彼からモラハラ行為をされないためには

彼のことを嫌いになる必要があるのですが、

自己愛性人格障害の人は、

嫌われることにも非常に敏感です。

自尊心が極端に低いことからの恐怖から

逃れるために嫌われることに関しても

非常に極端に反応します。

だから嫌われないように、

優しさや魅力を見せてくるのですが

それが通じないと分かると、

今度は嫌われる恐怖から逃れるために

全力であなたを潰しに来てあなたに勝とうとします。

それが、恐ろしいモラハラ行為に発展してしまい、

あなたがその場にいられなくなるくらい

周りに触れ回りますので

自己愛性人格障害の人から

決して敵だと認識をされてはいけないのです。

でも、それでは

どうしたらいいか分からなくなる、

という質問がありましたので

一番簡単なものが

敵対心のない話し方をしながら

感情を一切見せない、というものがあります。

[ad#co-1]

自己愛性人格障害とは、

相手の感情を

自分のことのように感じることができない

病気です。

だから、

相手がどう思っているのかは、

相手の表情や感情を見ないと分からないのです。

あなたが悲しそうな顔をすれば、

悲しいと分かりますし、

あなたが怒れば、

これは嫌なんだ、と認識できます。

普通の人は、

いちいち相手の反応を見なくても、

これをしたら相手は嫌だろうなあとか、

こうすれば相手は喜ぶだろうなあ、と

大体予測することができるのですが、

自己愛性人格障害は

相手の反応を見ないと分かりません。

そしてあなたの嫌がること、

あなたが不快に感じることを

あなたが許す限りしてきて、あなたに勝ち

優越感を持とうとします。

だからあなたが不快かどうか

分からなければ

どうしたらいいのか、分からないのです。

だから、あなたの感情を見せない様にすれば

彼は、だんだんあなたに

モラハラ行為がやりにくくなります。

自己愛性人格障害の人に

あなたの感情を見せてはいけないのです。

普通は恋愛が始まると

彼に自分のすべてを知ってほしくなるし、

彼のことを知りたくなります。

だから恋愛だとモラハラ行為がやりやすいのです。

あなたが彼に恋愛感情を持っていると

彼がやりたい放題できるようになります。

そして

あなたに好かれていることによって

優越感も持つことができますので

自己愛性人格障害の人にとって

恋愛は手放したくない、

自分にとって好都合なものなのです。

そこが、普通の人がもつ恋愛感情と

違うところなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする