自己愛性人格障害の人がどうしても他人をひきずり降ろしてしまう心理について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

どうしても人を

引きずり下ろしてしまう

心理について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人の原因は

幼いころにありのままの自分を

認められないままに育ってしまい、

そのままでは生きている価値がないと

思い込むほど

自尊心の低い病気です。

そのために心のどこかで

他人に生きている価値がない、

と思われることに

極端な恐怖をいだいて

生活をしています。

どこかでそれが

ばれてしまうのではないかと

恐れていて

必死で尊大な魅力的な人物を演じ、

本当の自分がばれないか

ヒヤヒヤしています。

でも本当は

それほど立派な人間でなくても

生きている価値は充分にあり、

他の人がそんなことに恐怖心など

抱いていないことを知りません。

その極端な自尊心の低さに恐怖を持ち

常に必死で尊大な自分を演じるため

生きていることに

非常に疲れているのです。

そして、ふだんは

尊大な自分を演じ続けているので

素敵な人に見えるのですが、

実はこのストレスを隠し持っていて

価値のない自分がばれてしまうことに

ひどく怯えています。

そのため常に

こんなこともできないのかと

あなたをののしるため、

彼はもっとできるようにみえます。

ののしることによって

あなたよりの出来がいい、

という風に見えるのです。

ただ自己愛性人格障害の人は

常に必死で努力を続けているため

本当にできるようになってしまうことも

たくさんありますが、

自己愛性人格障害の中にも

特に何もできない人もいます。

ですが、優しかったり、

ユーモアのセンスがあったりと

何かしらの魅力的な部分を

持っています。

でも、それはあなたも

同じなのです。

あなたは人の個性を

認めることができますが

自己愛性人格障害の人は

人の個性を認めることができません。

だれでも得意なことと

不得意なことはあります。

でも自己愛性人格障害のひとは

自分自身も

その恐怖に怯えているので

何かできの悪いところを

みせないようにしています。

あなたは、

自分の失敗を

素直に認めることができるので、

自己愛性人格障害のひとにとっては

非常に都合のいい相手になります。

自己愛性人格障害のひとは

自分の失敗を認めることが

できません。

みんなのいるところでは

あなたにも

「俺が悪かったね。」と

いうことができるのですが、

本当には思っていません。

みんなの前で素直な面や

かわいいところを見せてくれるのは

周りの人が見ているからです。

もしかしたらあなたと二人のときでも

「ごめんね。」なんてはじめの頃や

あなたとラブラブ期には

いうかもしれません。

でも、なぜ、本当には

思っていないということが

わかるのかと言うと

また別の機会に、

または「ごめんね。」と

言ったすぐ直後でも

態度が豹変することがあります。

本当に悪いな、と

思ったときには

普通は、何度も何度も

あなたにひどいことは

できないものなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする