自己愛性人格障害のことを知っている人が増えるとモラハラはやりにくくなる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のことについて

知っている人が増えると

モラハラ行為はやりにくくなる、ということについて

お話したいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害にあったことがない人には

モラハラは大変分かりにくい、ということを

何度もお話していますが、

知らないと被害にあった人のほうが

悪く思われがちです。

 

モラハラとは

自己愛性人格障害の人が、

世間の常識を使ったやり方を使いますので

コミュニケーション能力も高いため、

たいへん分かりにくく

少しおかしいなと感じる人がいても

自分がターゲットになっていない場合、

知らん顔をしている人がほとんどです。

 

中には、自分がターゲットになりたくないがために

自ら取り巻きに加わる方も見えますが、

この取り巻きというのも

いつターゲットに変わるか分かりません。

 

Tiaraは、自己愛性人格障害のことが分かったので、

出会って少したつと、

たいてい自己愛ぽいかたはわかるようになります。

 

それで気づいたことがあるのですが、

自己愛性人格障害の人には

困っている人が大変多いのです。

 

Tiaraの様子に気づいて

同じようにまねをされる方が見え、

自己愛性人格障害の人の攻撃に反応しなくなると

その人にも威嚇やモラハラ行為をしなくなります。

 

はじめTiaraをターゲットにできるか

ちょっとした嫌がらせや叱咤をして

試してくるのですが、

Tiaraがまったく動じないため、

だんだんにやりにくくなり

ターゲット認識されません。

 

するどい方は、それに気づいて、

自己愛性人格障害と

だんだんに、心の距離をとるようになります。

 

すると、自己愛性人格障害の人も

大変用心深く、臆病なので

すぐに気づいてモラハラ行為をやめ、

それまでターゲット認識されていた人に対してまで

モラハラ行為をしなくなっていっているのです。

自己愛性人格障害の人は、

自分のしていることを他人に気づかれることも

自分で気づくこともたいへん恐れています。

 

自己愛性人格障害の人は

ふだんは堂々としていて

そうは見えませんが、たいへん臆病なのです。

 

自己愛性人格障害の人の取り巻きになっている人は

知らない間にモラハラ行為を強調させる

道具になっていて、

自己愛性人格障害の人が

モラハラ行為をしやすくなっていたのです。

 

今まで、

自己愛人格障害という症状のせいで

被害者が悪者になっている世界は

自己愛性人格障害の人の症状を

悪化させるものでした。

 

しかし、自己愛性人格障害を知る人が増えると

ばれるのを恐れて、

だんだん嫌がらせ行為を

しにくくなるのです。

 

だから、世の中に

この病気のことを知ってもらうと

自己愛性人格障害のひとの症状を

緩和させるような気がします。

 

人に話しても分かってもらいにくいこの病気ですが、

困っている人は

思ったよりも多いのではないのかと思います。

 

だから自己愛性人格障害の人に

無関心になっている人にモラハラ行為をしにくくなると

それを真似する人が自然に出てきます。

 

するとなぜか自己愛性人格障害の人が

おとなしくなるのです。

 

自己愛性人格障害とは、

非常に分かりにくい病気ですが、

分かってもらえる人が増えると、

だんだんとなくなっていくのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください