自己愛性人格障害のひとが人を必死でつぶす理由とは??


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

必死で人を潰す理由について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害に遭いやすい人

というのは何も特別な人ではありません。

 

分からないのは当たり前なのです。

 

実際、自己愛性人格障害のひとは

そばにいる人の下の立場になることを

ものすごく恐れていますので

誰の上にでも立とうとします。

 

自分がその人の上に立たないと

何かされてしまう、と

勝手に恐れている、と言うと

分かってもらいやすいでしょうか?

 

そしてその人が強いのか弱いのか

権力を持っているのか持っていないのか

分からないときは

直接その人に攻撃を向けたり

バカにしたりできないので

周りの人にその人が格下に見えるように

本人に分からないように

こっそり周りの人にディスって

笑いものにしたりして

その人よりも自分のほうが上だと思って

安心します。

 

自己愛性人格障害のひとの

このような特徴が

自己愛性人格障害のひとの

行動を引き起こしているのです。

 

普通のひとは、

まさかそんな人がいるだなんて

思いもしないので

自己愛性人格障害のひとが

軽く人をディスるのも

ユーモラスの一環だととらえて

あまり悪く思いません。

 

ちょっとした冗談を

言っているだけにしか見えず

そんなにも悪い人間には見えないのです。

 

それくらいなら

普通のひとも言いますよね?

 

でも、自己愛性人格障害のひとと

普通のひとは

中身が違うのです。

自己愛性人格障害のひとは

幼いころにありのままの自分を

受け入れてもらえず育っているので

人に認めてもらうことに必死です。

 

受け入れてもらえないと

生きていけないほど

過酷な状況の中育ったと思われるため

自尊心が全くありません。

 

その自尊心のなさは

被害者よりもないくらいです。

 

プライドも高そうに見えますが

それは頑張って虚勢をはっている状態なので

本当は全くプライドもありません。

 

 

自分を見せかけだけで

強そうに見せかけることに必死なだけで

よく見ていると

本当に自分がヤバい

という状況になったときには

あれだけ強く言い張っていたことも

あっさりと180度、

自分の考えを変えてしまうこともあります。

 

 

それくらい本当は自分がないのです。

 

その恐怖から怯えているために

自分を救うために

人を蹴落とすときは必死ですので

絶対に勝つことができないのです。

 

でも、自己愛性人格障害のひとが思うほど

人は自己愛性人格障害のひとを

潰す気など全くありません。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分以外の人間はすべて恐れていますので

自分の恋人だろうが、奥様だろうが

親友だろうが部下だろうが

自分を信頼してついてきてくれた人にでも

そうやって勝手に恐怖心を抱いて

先に潰してしまうのです。

 

 

そして後から

その人たちが

自分にひどいことをしていなかったことに

気づき

失くしたときに後悔するのです。

 

でも、その後悔は

その人たちのためにする後悔ではなく

あくまでも自分から

自分のことを大切に思ってくれた人を

遠ざけてしまったことへの後悔で

孤独になってしまったことへの後悔なのです。

 

 

それでもまた

自己愛性人格障害のひとの

その不思議な魅力で

誰かがそばにいてくれたとしても

その人が本当に

自己愛性人格障害のひとのことを

思ってくれたりすると

またその人は自分から

離れていかないだろうと思いだした頃に

自然とその人よりも上に立とうとして

ののしったりバカにしたり

人格否定をしたりして

外で感じたストレスを

自分の一番安心する場所に持ち帰り

安心できる存在に、すべてを

思いっきりぶつけてしまうのです。

 

だかあなたがどうしても幸せになりたいのなら

自己愛性人格障害のひとから

離れるしかないのです。

 

自己愛性人格障害のひとにも

いいところはいっぱいあります。

 

普通のひとにはない魅力的な才能を1つ

持っている自己愛性人格障害のひとも

たくさんいます。

 

もしかしたらその魅力でさえ

自己愛性人格障害のひとの

自尊心のなさの苦しさから

必死に努力した結果なのかもしれません。

 

 

そういった意味では

自己愛性人格障害だからこそ

魅力的だとも言えます。

 

そして何が悲しいのかというと

そんな自分のことを

思ってくれる人たちのことを

自分を慕ってついてきてくれた人たちの

信用を裏切り

故意に何度も何度も傷つけ

そしてそのことを何とも思わずに

自分のことしか考えられないことが

なによりも悲しいことなのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください