自己愛性人格障害の人が考える自分だけのルール

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

俺様ルールを強行突破させること

について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

自分の都合が悪くなると

弱い立場の人を怒鳴りつけて

その人のせいにし、

その人にしりぬぐいをさせようとする

特徴があります。

この強行突破をさせるにあたって

自分が理不尽なことをしていることは

明白に分かっていて

それをごまかすために脅しで

相手に何とかさせることを

成功させなければいけないので

その怒り方は尋常でなく怖いです。

被害者になるような人は

自己愛性人格障害の人の怒りが怖くて

自分で何とかしてしまおうと考える人が

非常に多いのです。

それは自己愛性人格障害の人にとって

非常に都合がよく

自己愛性人格障害の人が

そんなあなたを

手放さない理由の1つです。

たとえば「別れる。」とか

「あなたが何とかしてくれないのなら

あなたとはやっていけないね。」

などと言い、

あなたが別れたくない気持ちを利用して

あなたに責任を取らせようとすることで

あなたから責められることから

逃げています。

あなたも責任感が強すぎることで

なんでも自分のせいにしてしまうことと

彼と別れたくない一心から

彼に寄り添いすぎて

本当のことが見えなくなっています。

そして、あなたは

自分のなにがいけないのかを

考えて

考えてみてもそもそも

自己愛性人格障害のひとのこじつけなので

なにもした覚えがなく

自分はまっとうに生きているつもりなのに

人を怒らせてしまうほど

腹がたつ存在なのかと

自己嫌悪におちいりますが

そんなことはありません。

どうして誰も

なにもしていない人に

怒りをぶつけているひとがおかしいと

疑問がわかず、

自分が悪いと思ってしまうのでしょう?

世の中はきれいごとに

踊らされ過ぎている気がします。

自分が悪いと反省することが

美しいことのような気がするし

自分さえ努力すれば

どんなひととでもやっていけると

信じた方が前向きかもしれません。

ですが、その前向きを利用して

なんでも相手のせいにしてしまう

自己愛性人格障害という

共感力のない病気を

世間のひとが知らなさすぎるのです。

ましてや見た目によかったり

頭が良かったり、

人の上に立っているひとなど

無条件に正しいと思い込みすぎて

目の前に起きていることを

きちんと判断できていません。

特に、恋人の場合、

ゴールのある未来を信じたいし、

困難を乗り越えてこそ

分かりあえると思って努力するのは

あたりまえのことなのかもしれません。

でも、あなたは

自分の心をあまりにも無視しすぎています。

あなたは、あなたを本当に大切に思ってくれる人でないと

必死の努力も報われないものになってしまうのかもしれません。

あっという間に

時間はたってしまいますよ。

なにかおかしいと気づいたら

方向転換をしてはいけないことなど

なにもないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする