自己愛性人格障害の被害者のひとが周りからどんなふうに見られているか

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

周りの人から、いったいどんなふうに

見られているかについて

お話をしたいと思います。

 

自己愛性人格障害の被害者のひとは

自己愛性人格障害のひとによって

周りからの印象を

コントロールされています。

 

不思議なことに

自己愛性人格障害の被害者は

なにもしていないのに、

または、むしろ自己愛性人格障害の人と、

仲良く好意的にやっていこうとしているのに、

ひどい人だと思われていることが

たびたびあります。

 

しかも、周りのひとは

被害者の話を

まともに信用していないのです。

 

この事実を知ったとき、

大変驚きましたが、

でも、だから

今までの不可解な出来事が起こっていた理由が

分かりました。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

言葉少なく、

他人が被害者を

悪く想像するように言うのが得意なのです。

 

 

しかも、自己愛性人格障害のひとは

悪口を言ったようにはみえません。

 

まるで親切かのように、

または冗談のようにおもしろく

または、自分とは

まったく関係のないことのように

話しますが、

実は自己愛性人格障害のひとが

故意に引き起こしている

ことなのです。

だから被害者は、

自己愛性人格障害のひとにした

本当の事を、

一生懸命理解してもらおうと話しても

まともにとりあってもらえない

のです。

 

話が通じないと、

被害者は、わかってくれる人を探して

うざいくらいに説明してしまいます。

 

だからだんだんに

周りのひとに迷惑をかけ

本当に聞いてもらえなく

なってしまうのです。

 

でも、それは当たり前のことで

真実でもないのに、

どんどん悪く思われてしまったら

だれだって本当の事を

分かってもらいたくなるでしょう。

 

それが当たり前なのです。

 

それなのにあなたは

してもいないことなのに

自己愛性人格障害のひとが

起こした話が

信じられるようになって

しまうでしょう。

 

だから

自己愛性人格障害という病気があることを

知っている人以外に

話してはいけません。

 

周りのひとに

分かってもらおうと

無理に話をしない方が、

関わったすべての人では

ありませんが、

あなたのことを信じてくれるひとが

ちらほら出てくるのです。

 

自己愛性人格障害のひとが

おかしいことをしていることに

気づいている人も

中にはいるのです。

 

ですから、あなたのことを

分かってくれる人がいたときにだけ

素直に相談してみてください。

 

けっして分からない人に

一生懸命分かってもらおうとしないでください。

 

自己愛性人格障害の被害は

非常にわかりにくいのです。

 

自己愛性人格障害の被害者のせいで

とんでもない事件が起きたことになっていますが

実は何事も起こったわけではなく

被害者はなにもしていません。

 

自己愛性人格障害のひとが

わざわざあなたが事件を引き起こした

ということにしているのです。

 

だから自己愛性人格障害のひとのそばに

いてはいけません。

 

だってあなたが

ひどい人間のように思われてしまうから。

 

これは恋人でも同じです。

 

自己愛性人格障害のひとにとって

自分以外の人は、

奥さんでも、恋人でも

ターゲットは他人と同じなのです。

 

なにもしていないのに、

むしろ自己愛性人格障害のひとに

よりそって自分の気持ちなど押さえて

全面的に合わせているのに

そんなことになってしまうのです。

 

そして、あなたは

なにもしていないのに

周囲のひとの信用を

失ってしまうでしょう。

 

もし、そんな事件が起きたことに

なっているときは

周りのひとに

分かってもらおうとするのではなく、

自己愛性人格障害のひとから

そっと離れて、

知らない間にいなくなっているのが

ベストだと思います。

 

そのほうが

あなたの評判を落とさずに

すむのです。

 

なんのためにそんなことをするのか

分かりませんが

自己愛性人格障害の脳の構造上、

どうしてもやってしまうのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください