自己愛性人格障害の人が怒ったことに対する罪悪感

こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が怒ったことによって

あなたが感じてしまう罪悪感について

お話したいと思います。

 

彼と付き合っていて

何度も彼を怒らせたことが

あると思うのですが、

彼がなぜ怒ったかあなたには

分かりますか?

 

当然、彼がなぜ怒ったか

分かるときと分からないときが

あると思いますが、

あなたは、彼が怒る全ての原因を

自分が悪いと思い込んでいませんか?

 

自己愛性人格障害の被害者の人は

よく、

些細なことで彼が怒るのですが、

いつの間にか、

彼を怒らせないようにびくびくしたり

はれ物にさわる思いで

彼を怒らせそうなことを

しないようにしている、という人が

あまりにも多いと思います。

彼が怒る原因は

何かしらあなたの中に存在していて

それが、

彼を怒らせる原因になっていると

思い込んでいませんか?

 

それは、あなたの罪悪感の強さです。

 

自己愛性人格障害とは、

自分の中の怒りを自分で処理することが

できないほどの強烈な怒りを

その責任感のなさから

他人に押し付けます。

 

責任感の強い罪悪感の強いあなたを

利用するのです。

 

自己愛性人格障害の人の怒りは

あなたのせいではありません。

 

それでもあなたは

自分が直せば、彼は怒らなくなると思って

自分に責任があると思い込みます。

 

自己愛性人格障害の人は、

あなたのその罪悪感を利用するので

あなたは理不尽な彼のおなかの中にたまった

あなたに関係のない怒りを

受け続けます。

[ad#co-1]

 

すると知らない間に

長い時間をかけて

あなたは

その自尊心をなくしていくのです。

 

いつもではありません。

 

自己愛性人格障害の人は

尊大な自分を魅せつけて

あなたが彼を賞賛しているうちは

楽しいのです。

 

そして、しばらくたつと、

あるいは自己愛性人格障害の人が

いい人でいたい場所で嫌なことがあると

あなたのところまで持ち帰り、

あなたのあらゆる行動の中から

揚げ足を取り

あなたを悪者にして

怒りを爆発させるのです。

 

その怒りにあなたに責任はないのです。

 

でも、あなたは

その責任感の強さから

自分のせいだと思い込み

自分を責めて彼に許しを請うために

言いなりになります。

 

それが長年かけて

あなたの自尊心を痛めつけて

どうしようもなく

自信のない惨めな人間に

育て上げていくのです。

 

彼が怒る原因が

本当に自分にあるのかを

よく考えてみてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください