自己愛性人格障害の人がする不機嫌そうなため息について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人のする

不機嫌そうなため息について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人の特徴として

不機嫌そうにするため息、がありますよね。

特にあなたのどこが悪い、と言うわけでもなく

なぜ機嫌が悪いかについて

わざわざ説明することもない。。。

それなのになんとなく

あなたは、自分のせいだと思って

彼に気を使ったりしていませんか?

これはあなたに

どこが悪いとはっきり言ってしまうと

あなたにそれを直されてしまい、

次から無意味に

不機嫌そうな態度に出られなくなるからです。

あなたに治されたら困るのです。

そもそも

自己愛性人格障害の人は

あなたの態度や行動で

腹を立てているわけではありません。

あなた以外のよそで起きた

彼が勝てない権力者や

自己愛の攻撃を受付けない人からの

怒りをあなたで晴らしています。

だからあなたのどこで

怒っている、と明確には

しにくいのです。

もともと明確に分かって

腹を立てているわけではなく

こじつけの八つ当たりなので

あなたにどこが悪い、といえないのです。

あなたにどこが悪い、と明確にしてしまうと

あなたがどんどん自分の態度を直し

彼に機嫌を損ねないように

自分を修正されてしまうので

それは困るのです。

自己愛性人格障害の彼が

なぜ機嫌が悪いのかを明確にしないと

あなたは、彼がなぜ怒っているのかを

考え、彼に嫌われないように

思いつく限りのことをどんどん直していきます。

彼に歩み寄り続けるのです。

自己愛性人格障害の彼と

分かり合えるようになりたくて

どんどん彼に合わせていきます。

すると

自己愛性人格障害の人の

都合のいい人間が出来上がります。

そして

どんなに自己愛性人格障害の人が

理不尽なことで怒っても

ご機嫌を損ねたことに反省し、

彼に許されるように

何も言わずじっと耐え続けます。

そしてそんなあなたにどんどん怒りをぶつけても

あなたに反抗されることはなくなっていき

あなたはどんどん惨めになっていきます。

だから自己愛性人格障害の人は

意味もなく機嫌悪そうにしていたり

ため息をついたりしているのです。

彼がどうして怒っているのか

あなたには分からないと思いますが、

それは

そのような理由から

あなたには分からないように

自己愛性人格障害の人が

わざとしているのです。

そうすることによって

あなたがどんどん彼に歩みよっって来ることを

彼は知っています。

知っていてわざとするのです。

それが自己愛性人格障害の人の

ターゲットになった人の関係なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする