自己愛性人格障害の人は、本当は普通の人よりも驚くほど臆病

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

驚くほど臆病で用心深い、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

普段、とても堂々としていて

自身に満ち溢れているように見えますよね。

Tiaraの彼も、いつも堂々としていて

人前でもとても堂々と話をする人でした。

会社でも誰よりもきちんと話をするので

上司が会社の社内の大事なお客様の相手を

彼に頼むほどでした。

それくらい彼の話は、分かりやすく、

きちんと話したお話をできる人でした。

だからとても自信がないようには見えませんし、

普段はとても臆病には見えません。

ただ、ふとした時に小さくなってびくびくしたような

しぐさや表情を見ることがありました。

彼の部屋では堂々としていましたが、

Tiaraのお家に来ると、いつも隅っこのほうに座っていて

じゅうたんのふちにいました。

そんな彼にもっと真ん中においでよと言っても

ずっとふちに座ったままだったのです。

堂々としているときと、変に遠慮がちなところと

二面性を持っていました。

これも今なら、自己愛性人格障害の人は

非常に臆病で、本当は嫌われることを

ひどく恐れているからだと分かります。

でも、自己愛性人格障害という病気を深く知らないと

そんな面は一切見えないのです。

そしてその極端に臆病なところから

あなたにはそんなつもりがなくても

潰されてしまうと、極度の不安を抱えているため

あなたに潰されるとびくびくしていて

あなたの素敵なところや才能のあるところを見てしまうと

そんなあなたに潰されると

極端な恐怖心から、つぶされまいと

あなたを全力でつぶしにかかります。

自己愛性人格障害のあの恐ろしさは

極度の恐怖からきているのです。

でもあなたにはそんなつもりがないので

愛する彼からそんなことをされると辛くてたまりません。

自己愛性人格障害の人が、

なぜそんなことをするのか分からないと

本当にショックだし怖いと思います。

けれど、

自己愛性人格障害の人は、その極度に臆病な性格のため、

自分がいつか潰されてしまうのではないかと

心の底では、

極端な恐怖心をいだいているのです。

それでも、自分がそんなに小さい人間だと

認めることにも極度の恐怖心をいだいていますので

普段の彼は、自分は自信に満ち溢れた有能な人間なんだと

自分でも思い込んでいます。

だから分からないのです。

自己愛性人格障害の人は、

堂々として自信に満ち溢れているように見えるのは

そう見せかけているだけだからです。

だから自己愛性人格障害の人に

幸せそうなところも、才能のありそうなところも

自信のありそうなところも

見せてはいけないのです。

そして、そんな人間がいるとは

ほとんどの人が思っていません。

だから突然彼に潰されると

とてつもなく恐怖を感じてしまうのです。

自己愛性人格障害の人の理不尽な怒りの中には

そんな複雑な気持ちが隠されているのです。

そして、とても用心深いため

自分のそんなところを絶対に見せようとしません。

だから自己愛性人格障害の人が

臆病なところはほとんどの人が気づかないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする