自己愛性人格障害のひとは、だんだんと自分が何をしているか気づいてくる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

自分が、同じことを繰り返していることに

気づいている、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

その自尊心の低さから、

自分には生きている価値がないと思っていて

そのことに耐えられないほど

苦しんでいます。

そのため、その苦しみから

逃れるために

自分の周りに自分を称賛してくれる人を

そばにおいて、その人も

それ以外の人もその人もつぶさないと

気がすみません。

そうしていないと

自分の価値のなさにみんなが気が付いて

大事に扱われないと

思い込んでいて極端に不安なのです。

だから、自分に価値がないことを

必死で隠すために

尊大な自分を魅せつけて

自分のファンを作り、

そのことに満足しています。

他人から称賛を浴びていないと

いつ、捨てられるか

分からないから不安なのです。

ですが、それは彼の思いこみなので

周りの人は、自己愛性人格障害のひとが

そんな風に自分のことを思っているなんて

まったく気づきません。

そんなことをする

意味が分からないので

自己愛性人格障害のひとのしていることに

まったく気づかないのです。

自己愛性人格障害のひとは

まったく意味のないことをしているのですが、

本人も

それが意味のないことだとは気づきません。

自分は有力で大事に扱われていないと

不安なのです。

意味もなく人の悪口を絶えず言っている方や

意味もなくみんなの見ている前で

ののしり続けている人、

そして、自分の彼女を何の意味もなく

傷つける人を見ると

Tiaraはこの自己愛性人格障害を疑います。

普通の人は

わざわざそんなことをしないからです。

自己愛性人格障害のひとは

自分の傷ついた心を守るために必死なのです。

必死になって人を傷つけている人は

まず普通のひとではないでしょう。

ですが、自己愛性人格障害のひとが

その病気のために苦しんでいる気持ちから

逃れようと

ターゲットの評判を落としたり、笑いものにしたり

幸せの絶頂から突き落とすようなことをすることは

許されることではありません。

ですが、自己愛性人格障害のひとも

その恐怖と戦っていますので

やめろと言っても本人も必死なので

攻撃をやめることができないのです。

できることといえば

被害者のほうから逃げることや

攻撃されない人格に生まれ変わることです。

被害者になりやすい人も

本当は自尊心が低いので

どうしても相手に合わせがちになり

被害に遭ってしまいます。

だから被害者のほうが

自己愛性人格障害に気が付いて

自分から逃げる必要があるのです。

自己愛性人格障害のひとの攻撃が

あまりにも激しくなると

被害者の人はだんだん我慢ができなくなり

逃げ出すか

うつ病になってしまうか、

もしくは本当に運が悪い場合は

自分で命を絶ってしまうこともあるでしょう。

そうやって、

自己愛性人格障害のひとの前からは

だんだんと人が去っていくのです。

そして、何度もそういったことを

繰り返しているうちに

自己愛性人格障害のひとが

必ず自分のそばから人が離れていくか、

もしくは自分がひどいやり方で

その人を捨ててしまうことに

気づき始めます。

そうやって年齢を重ねるごとに

自己愛性人格障害のひとも

気づく場合もあるのです。

そして気づいた場合は

今後もどんな人とも

やっていけないことに気づいて

苦しむでしょう。

自己愛性人格障害のひとも

本当は孤独でとても辛いのです。

自己愛性人格障害のひとも

その症状を完全に治さないと

晩年にさみしい人生を送ってしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする