自己愛性人格障害の人はこちらの動きを見て覚える

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

こちらの動きを見て

それに対応している、

ということについて

お話ししたいと思います。

Tiaraが

自己愛性人格障害の人に対応していて

気づいたことがあるのですが、

自己愛性人格障害の人は

共感力がないため、

相手がどんなことをいやがるか

分からないので

相手の表情や行動を見て、

相手の感情を読む、

というものがあります。

普通の人は

こんなことをしたら

相手が喜ぶだろうな、

とか、

こんなことをすれば悲しむと思った

場合

相手の気持ちに寄り添って

喜ぶからやってあげよう、とか

悲しむから

こんなことはできないと

判断します。

その読みが完全でないにしても

ある程度は予想をして

自分のことのように

喜んだり悲しんだりすることが

できます。

ところが、自己愛性人格障害の人は

それができません。

それを知ったとき

(本当かな?)と思いました。

Tiaraの元彼もいい時は

誕生日プレゼントなど

サプライズをしてくれたり、

Tiaraに寄り添うような言葉を

いってくれたりしたことが

あったからです。

情に熱いことを言うことも

ありました。

でも、それは映画や小説などで

覚えたもので

自己愛性人格障害の人が

本当に分かるわけではない、

というものなんですが、

モラハラ対策をしているうちに

それが本当のことだと

気付いたのです。

例えば、彼と別れたいと思ったときに

彼に自分の情報を

なるべく与えないようにします。

例えば帰り道や帰宅時間を

いつも通りにしていると

彼が突然来ることもあるでしょう。

あなたにまだ彼に対する気持ちが

残っている場合、

彼の顔を見てしまったら

動揺してしまうでしょう。

これからあなたが何をするのか、

ということが彼に分かれば

彼は行動がとりやすくなります。

Tiaraは同じ職場にいましたので

まず人と話をするときに

彼のいないところで話したり、

彼に聞こえないように話をしたりして

彼がTiaraに

何も感情を持たないようにしました。

ちょっとした失敗も彼に気づかれると

怒られたり、

叱咤される原因にもなりますし、

Tiaraが彼のことを好きな

気持ちもばれてしまうと

一気にしがみつき行為に発展します。

だからなるべく無表情、無感動にし、

淡々と用事のあることだけを話したり

用事のある時も

話をしている人のみに

聞こえるような声で話したり、

彼のいないところで

話をしたりするようにしました。

すると今まで分かりやすかった

Tiaraの性格が

彼から見ると

とても分かりにくくなったと

思います。

すると、彼はどう思ったのか

分かりませんが

Tiaraと同じように

彼も静かな声で話したり、

Tiaraから見えないように

その人の近くで話をして

何をしているか

分からないようにしだしたんです。

彼はやらなくてもいいのに。。。

と思ってしまいました。

そして

ちょっとかわいいな、

とも思ってしまいました。

あんなにも頭がよさそうで

存在感のあった彼が

感情の面では

目で見た情報でないと

何も分からないのです。

すべて人の動きを目でみて

判断していた、

ということが分かりました。

今は、自己愛性人格障害の人が

すぐに分かるようになったので、

自己愛性人格障害の人の前では

静かにして

あまり自己愛性人格障害の人に

分からないように話をしています。

自己愛性人格障害の人は

近づいたり離れたり、

時に親切にして来たり、

叱咤してくるようなことも

ありましたが、

徹底的に感情を出さず、

怖がったり嬉しそうにしたりを

一切しないようにしていました。

自己愛性人格障害の人には

淡々と話し、用事が終わると

すぐに自分の席に戻る、

ということを徹底して行いました。

すると最近では、

自己愛性人格障害の人も

Tiaraと話すときは淡々と話し、

用事が終わると

さっと帰っていきます。

Tiaraに分からないように話をして

いっさいTiaraには

近づいてきません。

あ、tiaraの行動を

覚えたんだな、と思いました。

やはりTiaraの元彼と

同じ行動をとってきました。

この会社に入って半年ほどです。

ほかの人には威嚇したり、

逆にべたべた褒めちぎったり

長時間叱咤を続けたりしています。

でも、このままの行動を

Tiaraが徹底して行っていたら

彼はTiaraにはつかず離れずの行動を

とり続けるので

害はないと思います。

はっきり言ってめんどくさいです。

でもこれだけ

過ごしやすい職場は初めてです。

普通に仕事もできるし、

邪魔をされたり

嫌な噂を立てられることも

ありません。

ほかの人とは

普通に仲良く過ごせています。

Tiaraは普段、

普通に過ごしているようで

そういったところには

すごく気を使って

一つ一つの動きをしています。

自分で被害にあいやすいな、

と思った人は

このように心得て動くと

それ以外の時は

驚くほど過ごしやすくなります。

これは本当です。

追いやられることも

仕事がやりにくくなりような立場にも

置かれません。

どんなに素敵でも

自己愛性人格障害の症状を持つ人とは

お付き合いもしません。

Tiaraがこういった行動を

とっていれば

向こうも

Tiaraに興味を持つことは

ないでしょう。

それでもお互いが穏やかに

過ごせているのです。

もっと早く知りたかったです。

自己愛性人格障害の彼と

付き合ったことは

とても辛い思いをしましたが、

彼以外にも

いつも一生懸命やっているのに

過ごしにくい状況になってしまうことが多いのは

なぜなんだろう、と思っていました。

そばに自己愛性人格障害の人が

いるときは、必ず

知らない間に居ずらい雰囲気に

持っていかれていたからだと

今ははっきりわかります。

だから少しめんどくさいですが、

自己愛性人格障害の人が

いるときは、

自己愛性人格障害の人とは

少し距離を置いて

普通に付き合いながら

あなたの情報を

なるべく与えないように

過ごしていると

不思議なことに

攻撃されにくくなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする