自己愛性人格障害の人は差をつけるのが好き

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

差をつけるのが好きということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の彼は

あなたに尊大な自分を見せつけ

あなたを熱烈に口説き

そしてあなたが完全に彼に

安心してついていけるようになったころ

突然意味もなく無視をします。

あれ?どうしたのかな?と思って

聞いてみても、

「なに?何にもしてないよ?どうしたの?」

とすっとぼけます。

なんだ、気にしすぎか、と思い直し

またしばらくすると

あれ?となんとなく彼があなたのことを

無視しているように感じます。

今日どうしたの?と聞いてみても

「普通だよ?どうしたの?また。

考えすぎなんじゃない?」

と言われます。

また気にしすぎかと思って

そのままにしておくと

そして気づいたらあなた以外のすべての人に

とても親切にしていて

あなたにはあまり相手にしていないように

見えます。

だんだんあなたは聞きにくくなり、

気づくと、

なんとなく周りからも冷たくされているように

感じて、それでも聞くこともできず

我慢します。

でも、周りの人には

相変わらず親切で素敵な彼を見て

あなたはだんだん自信を無くしていきます。。。

それ、勘違いじゃないんです。

彼、本当にあなただけに

冷たくするように

なるんです。

しかも周りの人には相変わらず

親切で素敵なので

あなたが周りに訴えかけても

信じてもらえません。

だんだん悲しくなってくるし

周りの人にも彼にも

何も言えなくなり、

なんとなく我慢してしまうことが

当たり前のようになってきます。

そして気づいたら

周りの人にも

なんとなく恨まれているような

気になり、その場にいずらくなり

悲しくなります。

自己愛性人格障害の人は

こうやって彼を好きになって

離れられなくなった人を

孤立させて相変わらず人気者の自分に

満足して自己愛を高めます。

彼と付き合っていない人のほうが

彼から親切にされて楽しそうにしているのです。

自己愛性人格障害の人は

それを彼を信頼していて

彼から離れられないくらい

彼から離れたくない、と思っている人にします。

そういう人は

彼が安心して嫌がらせできるからです。

そして彼自身も

嫌がらせをしているようには見えず

被害者が自ら悲観している

ただの被害妄想者に見えます。

哀れなあなたから

だんだんに人は離れていくでしょう。

気づいた時には

遅すぎるのです。

自己愛性人格障害は

普通の人と反対のことを

します。

彼のことを大事にしてくれる人に

彼から離れていかない絶大な信頼を持って

その人に嫌がらせをするのです。

それには彼自身はいい人だと思われている必要があり

そして

あなたが自ら卑下しているようにしか見えないのです。

彼に優しくしてもらっている人は

彼の言うことを信じます。

だから気づいたら

あなたの味方をする人は誰もいなくなっているのです。

これこそ自己愛性人格障害の人の

目指すところです。

だから自己愛性人格障害の人を

好きになってはいけません。

自己愛性人格障害は

周りの人とあなたに差をつけることによって

周りからの信頼とあなたからの信頼を

受けながらあなたを孤立させていく

満足感を味わうことができるのです。

それに気づいたら

彼に今までしてもらったことは

忘れて

全力で逃げてください。

でないとあなたは

何もかも失ってしまうことになるのです。

そうなる前に気づいて

彼から離れる準備を

していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする