自己愛性人格障害の人は、常に人の欠点を探し、ストックし続けている

こんばんは♡

 

今日は

自己愛性人格障害の人は、常に人の欠点を探し、

ストックし続けている、

ということについてお話ししたいと思います。

 

以前、Tiaraが自己愛性人格障害の人の前で

あなたのいいことも悪いことも知らせてはいけない、ということについて

お話ししたことがあると思います。

 

もし、自己愛性人格障害の人の前で

いいことを話せば、強い嫉妬心から

全力であなたをつぶしにかかってきます。

 

あなたのほうに自慢したいつもりがなくても

心の奥底に強い劣等感を持っている

自己愛性人格障害ですから

いい話を聞いた時点で、何気ない顔で笑っていても

心の中には強すぎる嫉妬心で、あなたを憎んでしまいます。

 

逆にあなたの欠点を、あなたが話したとしましょう。

 

自虐ネタで

笑いの種のつもりで話したり、

自己愛性人格障害の人に対して信頼を持ったから

本当のことを打ち明けた、という場合もあるでしょう。

 

どれだけ穏やかに話をきいていたとしても

自己愛性人格障害は

極端に人を恐れていますので

あなたをつぶしたほうが、自分のほうが優位に立てたり

あなたを悪者にすることで、

自分がほかの人から信頼されると判断した場合には

あなたの欠点をその材料に使うことがあります。

 

なのであなたのいいことも悪いことも

自己愛性人格障害の人に

情報を与えてはいけないのです。

もし、今、あなたが

自己愛性人格障害の人から、

攻撃を与えられている場合、

それは、過去に自己愛性人格障害の人に

あなたが与えたあなたのいいことや欠点の情報が

原因になっています。

 

逆を言えば、

自己愛性人格障害の人に、自分の情報を

漏らさない人は、

普段、自己愛性人格障害の人と仲良くできていないのだとしても

攻撃される可能性も低くなります。

 

怒らせてしまい、いい人だと思ってもらいたくて

余計に媚びてしまっている人も

どんどん攻撃の対象になってしまい、やがては逃げられなくなってしまいます。

 

 

自己愛性人格障害の人が、

早い段階で分かるようになった今のTiaraは

自己愛性人格障害の人のターゲットになってしまい、

彼にいい人だと思ってもらおうと

必死で言い訳したり、ご機嫌を取ったりしている人を

見かけると、

危ないな、と思ってしまいます。

 

大事件に発展し、

しかも自己愛性人格障害の人がやってしまったミスを

被害者の人が、必死になってしりぬぐいをしているのです。

 

そして自己愛性人格障害の人は知らん顔をしています。

 

巻き込まれた人たちは

必死になって解決しようとし、

自己愛性人格障害の人が起こしたミスを

カバーしようと多大な時間を使い、ヘロヘロになって

事件を起こした当事者のようになってしまっています。

 

こういう様子を冷静に見て、

Tiaraの元カレがほんとうにしていたことが

肌で感じるように分かります。

 

でもやっぱりその人も

自己愛性人格障害だと思われますので

どうしてもそうしてしまうのです。

 

だからTiaraのできることは

「その責任はあなたじゃないですよ。」と言ってあげることだけです。

 

その人は、だんだん自分のせいになっていっている、と言っていましたが

たぶん周りの人は

ほとんどの人が、その人が当事者ではないことを

分かっています。

 

でも、被害者の人だけが

自分のせいになってしまっている、と焦っていて

それでも何とか解決しようとし、

とうとう被害者の人たち同士がイライラしてきて

喧嘩になってしまっていました。

それでも、当の原因を作った自己愛性人格障害の人は

あくまでも自分のせいではない、という顔を貫いています。

 

だから、自己愛性人格障害の人の前で

自分のせいだと必死こいてしまってはいけないのです。

 

あなたの欠点やいいことを

自己愛性人格障害の人に話してはいけません。

自己愛性人格障害の人は、

常に人の欠点を集めていて、絶妙なタイミングでそれを使って

あの人はあーいうところがあるから、やったのはあのひとだ!

とあなたの欠点を攻撃の材料に使ってしまうのです。

 

だから、自己愛性人格障害っぽい症状の人にあった場合は

その人に

あなたの個人情報をばれないように

当り障りななく過ごしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください