自己愛性人格障害のひとは愛が分からない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

愛が分からないということについて

お話ししたいと思います。

 

これは被害者の人からしたら

本当にショックなことだと思いますが、

普通の人と違って

自己愛性人格障害のひとは

愛とは利用できるものの一つです。

 

 

あんなにも愛し合っていると思っていた

自己愛性人格障害のひととの関係が、

あまりにもおかしいことに

気づかないのは

被害者になる人は

当たり前に誰でも愛を持っていると

思っているからです。

 

そして自己愛性人格障害のひとは

常に尊大な人間を演じているので

おうちの中に

愛情深い人間を演じる俳優が

いるようなものなのです。

 

なかなか気づかなくても

仕方がないと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

脳は正常ですので

見た目は普通の人と何ら変わりはなく

むしろ普通のひとよりも

頭が良かったりする場合もあります。

 

ところが、

幼いころの育ち方により

共感力というものが育っていないため

相手が傷ついたりしてもかわいそうとか

やめてあげようとは

いっさい思いません。

 

自己愛性人格障害のひとにも

感情はあるので傷ついたり悲しんだり

することは当たり前にあるのですが

他人が同じ感情を持ったとしても

そこは恋人だろうが奥さんだろうが

関係ないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自分がどんなことをしても

逃げていかないターゲットとして

よく恋人や奥さまを使うのですが、

相手が自分とうまくやっていこうとするならば

多少の我慢は必要だと

初めから思ってくれているからです。

それに自己愛性人格障害のひとは

自分の魅力を見せつけることが

非常にうまいので異性の気を惹くことは

普通のひとよりもうまいような気がします。

 

 

そして被害者になるような人は

自分が我慢してでも

相手に合わせて平和でいられるならば

我慢してしまったり、

あっさりと水に流してしまったりする人が

非常に多いのです。

 

そのためお互いのバランスが取れてしまい

被害者は全力で相手にあわせることによって

彼に認めてもらおうとし、

彼はどんどん彼女に無理難題を押し付けて

彼女がそれを飲み込んでくれることに

自尊心が高まって満足するのです。

 

 

普通のひとならば、

彼女が合わせてくれることに満足し

彼女を大事に思い、離したりしないでしょう。

 

 

ところが、自己愛性人格障害のひとは

突き放すことによって

彼女のほうから全力で歩み寄ってくることが

おもしろくて仕方がないのです。

 

 

そこに愛はありませんので

かわいそうだとか、

やめてあげようという気持ちはありません。

 

Tiaraは

愛がないと気付いた原因の一つに

被害者の人が苦しんでいるのに

自己愛性人格障害のひとが

攻撃をやめないことがあります。

 

 

本当に好きな人に

こんなことはできないからです。

 

そして共感力がもともとないため

ひどいことをしている、という実感が

あまりないのです。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとは

共感力がないので分からない人の気持ちを

映画や小説などから学んでいるので

相手が悲しそうな顔をしたときに

どう対応すればいいかを

学習として学んでいます。

 

だから自分が悪者になってしまいそうなときや

あなたが離れていくという

恐怖に駆られたときは

情に厚いことも言います。

 

だから分からないのです。

 

被害者になる人も

自分が愛されていないと思いたくはないし

彼を信じたいという気持ちもありますので

ちょっとおかしいな、と気づいても

なかなか認められません。

 

どうしても信じようとしてしまい

そばにい続けて努力をしてしまうのです。

 

この事実を知ったときには

本当にショックだと思いますし、

とても辛いと思います。

 

でも、彼も幼いころのあまりにも辛い体験から

愛を持っていると生きていけないほど

辛い体験をしてしまっているので

自分から愛を捨ててしまったのです。

 

そのほうが楽に生きられたからだと思います。

 

だから自己愛性人格障害のひとも

もともとは被害者なのです。

 

子供のころから共感力を使うと

辛いので共感力を使わない生き方を

無意識のうちに学んでしまっているので

大人になってから

人に言われたところで

それが分かりません。

 

ですが、自分がどこか人と違うことは

うすうす気づいているのです。

 

そしてそのことに苦しんでいますが

どうしてもその生き方しか

できなくなってしまったのです。

 

自己愛性人格障害のひとに

本当の愛がないことは

あなたを深く傷つけますが

そのことによって

自己愛性人格障害のひとも

結局は幸せにはなれないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください