自己愛性人格障害のひとはあなたが一番苦しむ方法を選ぶ

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害のひとは

あなたが一番苦しむ方法を選ぶ

ということについてお話ししたいと思います。

常識では考えられないのですが、

自己愛性人格障害の人は

常識では考えられない方法を選びます。

常識でこうだろうと思うやり方と

すべて逆のほうを選ぶのです。

例えば自己愛性人格障害の彼が

「別れる」といったとします。

あなたがもし、彼に

「お願いだから別れないで。

お願いします。お願いします。」

と泣きじゃくり彼にしがみついたとします。

普通のひとなら、

本当に別れようと思っていたとしても

そんな彼女の痛々しい姿を見ると

胸が詰まる思いがして罪悪感にさいなまれ

そんな彼女を見捨てることが

できなくなると思います。

ところが、自己愛性人格障害のひとは

泣きじゃくるあなたの姿を見て

このまま別れたらこの人は

どうなってしまうんだろう?と思えば思うほど

目を輝かせ、本当に捨ててしまいます。

普通の人は

まさかこんな考え方をする人が

いるとは思えないので

彼に気持ちを分かってもらおうと思い

必死に訴え続けるでしょう。

ところが自己愛性人格障害のひとは

普通の人とすべての感情が真逆なので

彼のお願いをすれば

ひどいことになってしまうのです。

だから彼と別れたくなければ

彼にすがったり涙を見せてはいけません。

彼と別れたくなければ

彼にあなたが別れたくないと思っている感情を

読み取られてはいけないのです。

増して、声に出してはいけません。

自己愛性人格障害のひとは

あなたが苦しめば苦しむほど

もっと苦しむところが見たくなるのです。

この心情を理解していないと

とんでもないことになります。

そして今度は逆に

あなたが彼と別れたい場合も

普通のやり方をしていては

自己愛性人格障害のひとは

別れてはくれないのです。

もしあなたが自己愛性人格障害の彼と

別れたいと思っているのだとしたら

さっきとは逆で

あなたは自己愛性人格障害のひとに

別れたい、と思っていることを

読まれてはいけないのです。

もし彼にあなたが彼と別れたいと思っていることを

伝えたりばれてしまったりしたら

自己愛性人格障害の彼はあなたに

あなたがどんなにひどいことをしようと

しているかを訴えてくるでしょう。

もしくはあなたを離したくない、

このままずっと一緒にいたい、など

強烈なしがみつき行為を

してくるかもしれません。

あなたをどんなに好きかと訴えらえ

自分が彼のことを悪く取ってしまっていた

本当はこんなにも私のことを思ってくれていたんだ、

とうれしくなり戻ってしまうかもしれません。

ですが、戻るとしばらくして

あなたに別れを告げらえれたことを

恨みに思い、

あなたを攻撃してくるようになるかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは

すべてが反対なので

普通の人が彼の行動を予測することができず、

普通の人は

この自己愛性人格障害のひとの行動を

読みとることができないので

びっくりしていしまい、

自分のほうが悪いと思ってしまい

今度は彼からの攻撃が強くなっても

自分が悪いと思い

耐えてしまうようになるのです。

自己愛性人格障害のひとに

あなたの気持ちを分かってほしかったら

すべてを逆にとらえなければなりません。

そしてあなたがしてほしいことと逆の態度を

彼に対して取るのです。

自己愛性人格障害のひとの心の動きを

ある程度把握しておいてから

彼への対処を考えておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする