自己愛性人格障害の人は、あなたの状況も心境も考えない

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

自分が思ったように相手が行動しないと激怒する、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の人は

相手の人にも世界があることを理解しません。

 

相手の気持ち、

相手の好きなこと、

相手の友達関係すべて、

自分の思い通りにならないと

激怒します。

 

あなたもはじめはなぜそんなことで

怒るのか理解できなかったと思いますが、

自己愛性人格障害の人は

自分のパートナーでさえ自分の気持ちを持つことが

理解できません。

 

あなたの好きなこと、あなたの気持ちは

どうでもいいのです。

 

あなたが嫌なことでも

自己愛性人格障害の彼が

したいことならします。

 

あなたの趣味の世界があったとしても

自己愛性人格障害の彼には

どうでもいいことです。

 

むしろ彼に合わせないと激怒します。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが自分の思い通りに動かないと

ちょっとしたことでも

許せないのです。

ただ、それをあなたに言うことはありません。

 

そんなことを言ったら

世間では通用しないことは

脳で理解できているのです。

 

自己愛性人格障害の人は

自分が尊大な存在でなければ

いけませんから物分かりが悪いと世間から

小さい人間に思われてしまうので

それは彼のプライドが許せないことですので

寛大な人間だとふるまいます。

 

でも、本当は相手が好きに感情を持つことは

許せないのです。

 

だから、

世間では寛大で

物分かりのいい男を演じていますが

自分が信頼できる、自分から離れていかない

パートナーと二人きりになったときだけ

相手に怒りをぶつけます。

あなたが彼の彼女や奥さんだとしたら

あなたは彼の思い通りに動くことが

自己愛性人格障害の彼にとっては

当たり前のことなのです。

 

自己愛性人格障害の彼を愛している、

ということは

自己愛性人格障害の人から見たら

そういう存在なのです。

 

いくら彼があなたに怒りをぶつけても

彼の怒りをサンドバックのように受け続けるのが

彼を愛している証拠なのです。

 

だから不満は言ってはいけません。

 

彼が起こしてほしいと思っていれば

彼がそれをあなたに伝えなくても

あなたのほうから彼のことを気づかい、

起こすのが

自己愛性人格障害の彼にとって

当たり前のことなのです。

 

それを、あなたには分からず

あなたが起こさないでいると

自己愛性人格障害の人は

激怒します。

なぜなら、相手の気持ちを気遣う

という心のねじが1本たりないのです。

 

 

そして、

そのことは彼自身も気づいていません。

 

自分は普通の人間だと思っています。

そして彼の両親も気づいていません。

 

自己愛性人格障害の彼と深くかかわった

それも愛情をもって

彼と接した恋人や奥さんなど、

彼を愛する、彼のことを本当に思ってく入れる人間だけが

彼と一緒にいるときに違和感を感じるのです。

 

そしてそれは普通の感覚では理解できないので

恐怖心を感じてしまうのです。

 

なぜそんなことで激怒するのかと不安になります。

 

でも、それを人に話したところで

分かるわけがありません。

 

自己愛性人格障害の人と

心から深くかかわった人間でないと

そこまで深く彼のことを見ていないからです。

 

自己愛性人格障害の人は

あなたが思った通りに動かないと激怒します。

 

そのことによって

人の心や状況を察知することができません。

 

そして突然怒りだすのです。

 

そしてそのことに彼自身も彼の親も誰も気づいて

いません。

 

自己愛性人格障害とは

幼いころに、心のねじが1本とけてしまうくらい

辛い思いをした人だけがなる

心の病気なのです。

2 Replies to “自己愛性人格障害の人は、あなたの状況も心境も考えない”

    1. もも様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害の被害は被害を受けた人にしかわかりません。
      そんなひどいことをするわけがない、と思うようなことをしているからです。

      でも、逆を考えてみればそんなひどいことをするわけがない、と言うほどひどいことを受けているのに
      誰にもわかってもらえないと何が起こっているか自分でも判断できなくなってしまいます。
      Tiaraのブログは自己愛性人格障害の被害を受けた方が、ほとんど経験していることですので、
      ももさんが感じていた違和感のヒントがここにあればいいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください