自己愛性人格障害の人がそばにだめな人を置くわけは?



こんにちは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が

どこまで分かっていて行動しているのか

と言うことについて

おはなししたいと思います。

彼のいってることは

間違っていない、

と思っていました。

自己愛性人格障害の人は

人の気持ちは分からないが

正しいか正しくないかは理解できます。

でも善悪の区別はついていません。

それだけ愛情を受けずに

正しいか正しくないかだけで

育ったということなのです。

自己愛性人格障害の

好きな振る舞いかたは

ダメなやつの面倒をみてあげている、

というふうにふるまいます。

そのため、

どうしてもだめなやつ、

が自己愛性人格障害の人の

周りには必ず存在しています。

そうしないと面倒を見るいい人、

とふるまうことができないからです。

そのために少しだめな人を

自分のそばに置きたがります。

こんなにダメなやつなのに

親切な彼が

苦労して面倒を見ている、というふうに

彼の株が上がったり

同情されたりするために

蹴落とされるための道具として

あなたを使っているのです。

彼女も同僚も

対象になります。

自分の怒りをぶつけるためには

悪者が必要になります。

自分の尊大さ、

正義のみかたを演じるために

悪者が必ず必要になるのです。




自己愛性人格障害の

やりかたは否定と拒否です。

相手が何か失敗をして

自分が見るに見かねて

仕方なく尻拭いをしている、

と言うことを繰り返して

その周囲にもターゲットにも見せ付けます。

そして散々面倒を見たけど

もうさすがにめんどうをみきれない、

と言う形をつくり、

周りのあなたへの同情もつぶし

捨てられても仕方のないやつだ

と誰からも同情してもらえなくなり、

みんな彼がひどいことをしていることに

気づかなくなるのです。

彼のやったことは

正当化され

あなたは周りの人にあきれられて

同情もされません。

それはあなたをつぶしたいのではなく

自己愛性人格障害の人が

自分がひどいことをしている、

と見られることに

耐えられないからなのです。

引き付けておいて

突き放すのが

自己愛性人格障害のやり方です。

たとえば

彼から熱烈にあなたを口説いてきて、

別れ話を出す

という行為は典型的です。

そしてまた惹き付けて突き放す。

これを繰り返しだしたら

彼はまず自己愛性人格障害だと思って

間違いないでしょう。

あなたが

自己愛性人格障害に狙われたくなかったら

まず自分に自信をつけることです。

そして謙遜もあまりしないでください。

けっしてへりくだってはいけません。

あと絶対にビクビクしてはいけません。

女性の強さは凛とすることです。

凛とした優しさを身に付けましょう。

あなたが、

まったく堪えてなかったら

自己愛性人格障害のひとが

1人でやっているだけになるのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする