自己愛性人格障害の人は土壇場にならないとあなたに捨てられるとは思わない

こんにちは♡

今日は、あなたから別れ話をした時の

自己愛性人格障害の人の

しがみつき行為について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

本当はとても自尊心の低い病気ですが

そのことを隠すため

普段はとても自信のある人のように見えます

あなたが、

どんなに彼から虐げられていたとしても

あなたのほうがあきらめて

彼とはやっていけない、

という姿勢を崩さなくなると

急に焦りだしてしがみつき行為を

してくることがあります。

そこまで来たら

もう二度と彼に戻ってはいけません。

自己愛性人格障害の人のしがみつきは

非常に強烈で

あなたを惑わせる言葉や愛の言葉、

または反省の言葉や脅しなどを使って

あなたが彼から離れることを

全力で阻止しようとします。

そして彼の言葉に

後ろ髪をひかれたり、

自分が悪いのかと反省したり

彼を見捨てる自分がひどいかと

思ってしまう場合もあるでしょうが

戻ったら彼のほうがあなたに対して

とても残酷なことをしまくります。

しがみつき行為を行っている彼は

あなたを取り戻した瞬間に

もういません。

そのことが分からないと

戻ってしまうことも多いのです。

そして戻るとあなたは

愛されたり、彼に虐げられたり脅されたり

拒否されたり、あなたに罪悪感を与えたりして

一度彼を捨てようとしたことへの

報復を彼から受けることになります。

するとあなたの頭の中が混乱して

だんだんと苦しい状況におちいるのです。

ですので、しがみつき行為をしても

決してあなたのいったことを

ひるがえしてはいけません。

一度離れかかったあなたを

いろいろな手を使って

取り戻すことが出来た場合

以前よりもあなたに対する嫌がらせは

ひどくなります。

これは、離れていきそうになったあなたを

とり戻すことが出来たことにより

よりあなたが彼から離れられない

ということが分かるからです。

自己愛性人格障害の彼に

自信がついて

あなたがもう少し嫌がらせを強めても

離れていかないと

思うようになります。

あなたのほうも別れまで考えていたのに

彼に戻るということは

それなりに期待と覚悟をもって

戻っていると思います。

自己愛性人格障害の人は

あなたが手の内に入っている、

と思っているうちは

どんなにひどい拒否もしてきますが

あなたが、自分の手の中から

離れていきそうになると

途端に不安になり

強烈にしがみついてくるのです。

この段階であなたは

やっぱり彼も私と離れることは辛いんだ、

と思い

嬉しくなります。

でも、そうではありません。

実は、この時

自己愛性人格障害の人は、

あなたと離れたくない

と思っているのは事実ですが

それはあなたと今度こそうまくやって行くから

俺から離れないで!という

歩み寄りの気持ちではなく

もしかしたら俺、捨てられるかもしれない、と

急に怖くなり

あなたに見捨てないよね?と

子供が親にすがるような気持ちになります。

どんなにいたずらをしても

見捨てない親のように

あなたが彼を見捨てるわけがない、

と思いたいのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする