自己愛性人格障害の人は愛する人をどうやって悪者にするのか?

こんにちは♡

今日は、あなたが

どうして自己愛性人格障害とのもめ事の原因を

はっきり説明できないのはなぜかについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人との恋愛が終わったあなたは

幸せだったころの彼にもう一度

会えると思いますか?

残念ながら、一度激化してしまった後は

元に戻ることは、ほぼありません。

しかし、まだ付き合いだしたばかりのころに

熱烈な愛情をぶつけてくれて

優しくしてくれた彼を忘れることができない人は

たくさんいると思います。

どうして

はじめはあんなにも幸せだったのに

少しづつこじれるようになっていったのに

あなたが気づかなかったのはなぜでしょう?

自己愛性人格障害の人は

自分に都合の悪いことは話そうとしません。

そして彼の記憶から

なかったことにしてしまうのです。

残るのは、

あなたが悪かった、という

自己愛性人格障害の彼の

こじ付けだけです。

たとえば彼が怒った事実があったとしても

それは、あなたが怒らせたという形で

彼の怒りはあなたにぶつけられます。

しかし、その場合、あなたには

彼から責められる非があってもなくても、

あなたが悪いと言うことにされてしまうのです。

そして、あなたはもちろん

自分の何が悪いか理解できません。

だって彼がこじつけたあなたを責めるための

こじつけにしか過ぎないからです。

そしてあなた自身、自分の何が悪いのか

理解できないため、

あれに説明することも、

それを覚えていることもできません。

だって明確な出来事は

起きていない場合が多いのですから。

だからあなたは、

自己愛性人格障害の人が

自分はわるくない、という体裁を

作り出したことに気づいていないからです。

そしていつも尊大な魅力を

魅せつけられているあなたは

魅力的な彼が、

あなたにこじつけをしているだなんて

想像もできません。

そして、しばらく時間がたつと特に

責任感の強いあなたは

自分が悪かったのかなと思い出します。

この仕組みであなたの冤罪が

成立してしまうのです。

こうして

何もしていないあなたは

どんどん悪人化され

責任感の強いあなたは自分を責めます。

そして周りの人も

あなたが悪いと思い込みだすのです。

そして何もしていないはずのあなたは

わけも分からず苦しみだし、

自分を改めようと

どんどん彼によりそっていきますが、

それでも彼は突然怒り出します。

どれだけあなたが寄り添おうと努力しても

何度も無視をされたり

別れ話をされたりしてしまうので

だんだん彼には何もいえなくなります。

そしてそのあいまいな状況を

周りの人たちに

自分が被害者かのように

あなたに迷惑をかけられて彼が

その尻拭いをしているか

饒舌に話すのが得意です。

そしてどんどん彼の話を聞いた人から

あなたの信用はなくなっていくのです。

彼に寄り添えば寄り添うほど

うまくいかせたければ、いきたいほど

あなたは悪者になっていくのです。

あなたの信用をなくしてまで

あなたは彼のために尽くしますか?

おそろしい未来が待っています。

そんな思いをしたくなければ

できるだけ彼とは

距離をおいたほうがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする