自己愛性人格障害の人は被害者に何をしているのか

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が

どうやって人をつぶすことによって

自分をあげているかということについて

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は

よく説教をします。

説教をすることによって

その人の上にたちます。

周りで聞いている人も

説教をされている立場の人がミスをした、と

単純にイメージします。

よく聞いていれば、

その人が本当に悪いかどうかわかりますが、

意外と人のことは

そんなに聞いていません。

怒っている、怒られている

その雰囲気だけです。

本当に注意する内容がある場合も

ない場合も怒ります。

よく聞いているとわかりますが

人はなんとなくしか聞いていないんです。

自己愛性人格障害の人は

そこを使って人が

なんとなくしか聞いていないような場面では、

こじ付けであなたに対し説教をし、

人が聞いているときや、

ターゲットに弱いところがあるときなどは

その真実を使って叱咤します。

あなたが周りの人から

信用をなくすように、いいことがあるときは

黙っていて、

悪いことがあったときはすかさず突っ込みます。

そうすることによって

周りの人もあなたを

救おうとする気もなくなってきて

自己愛性人格障害の人の考えを

信じるようになります。

そうしてだんだんに

あなたはそこに居場所をなくしていくのです。

自己愛性人格障害の人は、

まったくそんなつもりがなく

あなたに精神的虐待をしているわけではありません。

あなたがそれによって嫌な思いをしていることを

知っていて、その上であなたに

ひどいことをしているのです。

彼が自己愛性人格障害ではなく

サイコパスなら

そのまま嫌がらせをどんどんしていきますが、

自己愛性人格障害は

脳は正常です。

あなたに嫌がらせやひどいことをすれば

世間から非難されることは知っているのです。

それでも自分の中の怒りをぶつけないと

生きていけないほどの恐怖心を

かかえていますので、

周りの人に嫌われることをひどく恐れます。

自己愛性人格障害の人は、

自分があなたを捨てるのはいいのですが、

自分が人に嫌われることをひどく恐れています。

人に嫌われてもいいわけではないのです。

そしてそれは尊大な自分から

大きくそれてしまうことになりますので

あなたを虐待していないと、

自己愛性人格障害の人本人も、

そして周りの人にも

思われなくてはなりません。

だからふだんからあなたが

人に迷惑をかける低レベルな人間として

周りの人にも、あなた本人にも

思い込ませます。

それが、常にあなたに説教をする理由なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする