自己愛性人格障害の人は本当の幸せを持っていることに気づいていない

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人が

怯えていることについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害とは

幼いころに当たり前に受ける愛情を

何らかの形で受けることができず

自尊心が傷ついてしまったことが

原因だと言われています。

母子家庭で育ったり

または

単身赴任で父親が不在がちだったりと

両親がそろっていないという

状況が原因だと言われたり、

しつけが非常に厳しく

そのままの自分では

認めてもらえないことが

原因だと言われていたします。

 

また

逆に何をやっても

怒られなかったという

甘やかされた環境で

子供のころの無敵感を持ったまま

大人になってしまった、

という人もいるようです。

 

Tiaraは

どんな環境だろうが

そばにいる人が大事に育てて

愛情をかけてくれて

悲しい時には一緒に泣いて

うれしい時には

一緒に喜んでくれる人がいれば

環境は関係ないと思っています。

 

自己愛性人格障害ではなくても

自己愛っぽい人は結構いて

他人の幸せが素直に喜べなかったり

嫉妬や妬みの強い人は

周りにたくさんいると思います。

 

 

ただ、わざわざやるのが

自己愛性人格障害だと

Tiaraは思っていて

二人の間が今、幸せなはずなのに

わざわざもめるようなことを

引き起こしているのが

自己愛性人格障害の人だと

考えています。

 

 

妬みや嫉妬は

他人の幸せが喜べないのではなくて

人の幸せなところを見ると

自分がいかにみじめで価値の

ない存在なのかと

考えてしまい、

その価値のない自分を

認めることができずに怯えて

その恐怖から

他人をつぶしてしまうのです。

でも、自己愛性人格障害の人が

考える恐怖とは

実際にはないもので、

人が幸せそうにしていたところで

自己愛性人格障害の人の価値が

なくなるわけではないのです。

 

少なくとも

Tiaraの周りにいる被害者の人は

全員、自己愛性人格障害の人に

強い愛情を向けていて

とても大切にしていた人たち

ばかりです。

 

それほどの強い愛情は

普通の人でもなかなか持てないことも

あるので、

自己愛性人格障害の人は

むしろ普通の人には持てないほどの

強い愛情を

受けているのです。

 

でも、そのことに気づけず

全力で他人をつぶして生きています。

 

自己愛性人格障害の人は

そのものの考え方から

どうしてもトラブルを

起こしてしまうのです。

 

本当はそんなことはない

妄想の恐怖と懸命に戦っていて

本人にはそのつもりはないのに

自己愛性人格障害の人と

その周りの人の関係を

壊してしまうのです。

 

何とか自分がこの上ない幸せを

持っていることに気づいて、

自己愛性人格障害の人を愛する人を

大事にすることができれば

この上ない幸せを持っていることは

周りの人から見たら一目瞭然です。

 

それなのに

その愛情に気づけない

悲しい病気なのです。

 

いつか真実を見る目が生まれたら

自分がどれだけ幸せだったのか

知ることができるでしょう。

 

本当は自己愛性人格障害の人が

怯えているようなことは

実はなに1つないのです。

 

それには、

自分で気づいて周りの人との関係を

穏やかに保とうとしなければ

本当に何もかも

無くしてしまうのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください