自己愛性人格障害の人はいいこともすべて自分で壊してしまう。

こんばんは♡

 

Tiara新年会のお知らせです。

 

2月24日(土)の17:00~開催します。

もうそろそろ人数の確定をしたいと思います。

 

Line@より参加のメッセージは多数いただいております。

ありがとうございます♡

 

参加費は前払いとなっておりますので

参加ご希望の方は、サイト上部のメニューバー

「2018年 Tiara新年会参加希望の方へ」のページより

「カートに追加」ボタンのクリックをお願いします。

 

人数確定しないとお店の予約ができませんので

参加ご希望の方は、遅くとも2月2日までに

カートに追加ボタンをお願いします。

 

来られる方はぜひ参加のほう

お待ちしています。

 

詳細連絡は、

Line@のほうから直接させていただきます。

 

今日は、自己愛性人格障害の人は

いったい何をしているのかについて

お話ししたいと思います。

 

彼と別れてかれこれ1年半以上たちますが、

すべてを無くしてしまってから

考えることは、

自己愛性人格障害の人も

こうなることを

計算してやっているわけではないっ

てことです。

 

みなさん、自己愛性人格障害の人と

別れて、あれはいったい何だったのかと

疑問に持たれていると思います。

何度も同じことを繰り返してきているとは

思いますが、

今度こそは、ちゃんと続けようと

思ってやっているのではないでしょうか?

 

自己愛性人格障害の人は、

尊大な自分を魅せつけている間に

必死で努力をしています。

 

そしていつの間にか

それが魅力になったり

実力をつけたりして行く人も

中にはいるわけです。

 

ほとんどの人が激化して

別れたり、最後には何もなくなってしまうのですが

初めから騙して付き合い、

最後には全部なくしてやろう、

とは思っていないのです。

 

自己愛性人格障害の人は

普通の人よりも

必死で努力をしています。

 

Tiaraも彼には、

Tiaraとお付き合いしたほかの誰よりも

いろんなことをしてもらったと思います。

 

ほかの被害者の方の話を聞いていても

初めに素敵なものを見せられて

それも不思議なことに

いつの間にかなくなっていた、

という話が多いのです。

 

自己愛性人格障害の被害者の方は

多数お見えになりますが、

被害者と言っても

付き合っている間は

本当にいろいろやってもらっているみたいです。

 

生活の面倒を見てもらったり、

仕事を教えてもらった人もいますし、

旅行に連れて行ってもらったりと

本当にいろいろなことを

してもらっています。

 

それなのに

自己愛性人格障害の人は

それを全部自分でダメにしてしまうのです。

 

本当に不思議な体質です。

 

だまされた、というよりは

本当にいろいろやってもらって

全部だめにしてしまうのです。

Tiaraも

自己愛性人格障害の彼には

付き合っている間は

本当にいろんなことを

やってもらいました。

 

手先が器用な彼でしたので

家の中には

彼の作ったものが

あちこちにあります。

 

Tiaraの子供とロードバイクを組み立てたりして

お父さんではありませんが、

本当にいいお父さんのように

遊んでもらったこともあります。

 

だから自己愛性人格障害の人も

必死なのです。

 

でも、それははたから見ると

あなたのためにしてくれているように

思えることでも、

あなたのためではなく、

自己愛性人格障害の人本人のために

必死になっているということです。

 

必死でいい人に見えるように

尊大な自分を魅せつけていなければ

いられない心情なのです。

 

でも、あなたから見ると

自分のためにこんなにもやってくれている、

と自己愛性人格障害の彼を

信頼する気持ちにもなりますし、

ますます彼にのめり込んでしまいますよね。

 

だから、こんなにもしてくれる彼を

運命の相手だと思い

手放したくないのです。

 

その気持ちを整理するのには

時間がかかると思います。

 

 

Tiaraも「なんだ、自分のためだったのね。」と

簡単に割り切ることはできません。

 

それでも

自己愛性人格障害の彼は

自分がそんな心情であることも知らずに

必死でやってくれているのです。

 

自己愛性人格障害とは

付き合っているときは

夢物語のように素敵で

本当に天国も見せてくれますが、

すべてを終わらせて

被害者の何もかもを奪うように

本当に地獄も味あわせてくれます。

 

自己愛性人格障害の人は、

天国と地獄の両方を見せてしまうのです。

 

それは、自己愛性人格障害の人本人にも

制御不可能なのです。

4 Replies to “自己愛性人格障害の人はいいこともすべて自分で壊してしまう。”

  1. Tiaraさん、こんにちは。
    私はいまだ、落ちはついているようで、気持ちが割りきれなくて、実は昨日彼に連絡しては着信拒否で、という日々です。気持ちの整理する日々に涙していて、微妙にどうしたらよいかわかりません。
    私が彼を好きだった事は確実に。
    でも、どう考えても無理なのは確実。
    こんな悲しい出来事どうすればよいのでしょうね?

    新年会、ごっさ行きたいんですよ!しかし、大阪から私の失恋をなぐさめてくれるにその日本酒好きの女子が来てくれるから。近場なのになかなかオフ会行きたいのにすごい残念です。名古屋会場なら、うちすごい近いですね。
    またこんな機会があったら、本当に絶対行きたいですよ!

    1. 葉子様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      葉子さんはまだ落ち着いていなかったのですね。
      付き合いが短いのにすっかり葉子さんの心をとらえてしまったんですね。でも、自己愛性人格障害は悲しい病気です。
      好きな気持ちはみんな同じです。でも、自己愛性人格障害の人には、本当には愛情は伝わらないんですね。
      葉子さんの愛情は彼には分かりません。
      彼と一緒にいても辛いだけなので、彼のことは病気だったとできるだけ割り切るようにしてくださいね。
      離して分かってくれれば、話したいところですけど、自己愛性人格障害の人に話は通じません。そんな風には見えないのにね。
      本当に辛いです。

      新年会ですけど、近いならまたの機会にぜひお待ちしています。
      大阪の友達飛んできてくれるなんてなんて素敵な友達がいるんでしょう。羨ましいです。
      今回はその日本酒好きのお友達にいっぱい話を聞いてもらってくださいね。
      次回はTiaraの懇親会でぜひたくさんお話ししましょうね!

      葉子さんはまだメール相談も残っていますので、いつでも連絡ください。
      コメントのほうもまたお待ちしています。

  2. 自己愛の人には何もやってもらわないほうがいいのかなと思います。彼らも必死に演技して無理してやっているので、それに対する見返りや賞賛の言葉が期待したものでないと、憎しみに変わっていくのだと思います。憎しみなんて持ってもらいたくないので愛しているなら少しでも彼から何か欲しがってはいけないと思いました。だから少し離れたところから見守るのが一番いいんですね。

    1. みか様

      Tiaraのサイトを訪れていただきありがとうございます。
      Tiaraのブログが少しでもお役に立てて光栄です。

      自己愛性人格障害の人はどうしても尊大な自分を魅せつけていなければ不安でしょうがないのです。
      常に尊大な自分を魅せていますが、それが周りから見るといつもテンションが高く、非常に外面がよくいい人なので
      すてきに見えてしまうのでしょう。そしてそれをいとも普通にやっているように見えてしまうので、
      こちらが思った通りに称賛してくれないと激怒されるので、あまりのギャップに恐怖すら感じます。
      自己愛性人格障害の怖さとは、はた目には見えないこの彼の必死に人から認めてもらおうとするその極端な要望をこっちがくみ取らなくては
      いけませんものね。そんなの分かるはずがありません。
      だから怖い思いをしないためにもできるだけちかづかないほうがいいのですが、素敵に見えてしまうためにどうしても期待してしまいます。
      彼が自己愛性人格障害だと気付いたなら、彼の怒りを理解してあげて、そして自分の身を守るためにできるだけ彼のそばには近づいていけません。

      愛してしまった場合は辛いですが、それがあなたにとっても一番いいのです。
      みかさんは離れたところから見守ることができるのでしたら、それが一番いいですね。
      Tiaraはもう離れてしまいましたので、どうしているか見ることもできませんが、今ではそれが一番よかったと思っています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください