自己愛性人格障害の人は、怒りを溜め込んでおくことができる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

怒りを溜め込んでおいて、

怒りを出す時と場所を調節できる、

ということについて

お話したいと思います。

普通の人は、機嫌が悪いとき、

少し態度に出てしまったり、

顔に出るタイプと出ないタイプがいると思います。

しかし、自己愛性人格障害のひとは

自分の中の怒りを、

今、出すとまずいな、と思うときは

おなかの中に溜め込んでおくことができます。

そして自分の都合のいいときに

出したり引っ込めたりすることが

できるのです。

たとえば、

外で嫌なことがあったとき

自分が怒りを爆発させるときができる相手ならその場で

怒りを爆発させて発散するのですが、

もし万が一

自分よりも地位の高い人だったり、

あまり知らない人物で、

その人物が強いか弱いか,

わからないときは、

その場では、その怒りをおさめて

そのまま持ち帰ります。

で、ターゲットがいるときに

一気にそのターゲットにむけて怒りを吐き出します。

そうやって溜め込んで

都合の悪いときは

その怒りを引っ込めて、

怒りをぶつけてもいい相手に

一気に吐き出します。

いったん怒りを引っ込めることが

できるので

自己愛性人格障害の人のことを

大人だと思う人がいますが、

ターゲットに向けて

一気に吐き出していることは

ターゲットにしかわかりません。

しかもターゲットになるような人は

何でも自分が悪い、

と思い込む人が多いので

他の人からは

自己愛性人格障害の人は

むしろ紳士的で大人に見えるのです。

ターゲット自身もそう思っているので、

怒られた自分が悪いと思い

どんどん自分に自信をなくしていきます。

ターゲットになる人の症状としては

だんだんと

びくびくするようになり、

自己愛性人格障害の人がくると

息が苦しくなり、動悸がしたり

恐怖に感じたり、ちょっとしたことに

びくびくするようになります。

そして、どんどん自信をなくしていき、

頭は回らなくなり、

本当に落ちぶれていくのです。

早く気づいて、

自己愛性人格障害の人から離れないと、

どんどんおびえるようになり、

自己愛性人格障害の人に

だんだん逆らえなくなります。

何もされなくても

心臓が止まりそうになる、

ということは

こういうことです。

そして臆病なために

なかなか人前では

そういったところを

見せないようにしているので、

他人には、

彼がそういうことをしている、と

いうことが

わからないのです。

自己愛性人格障害の人が

怒りを出すところと出さないところを

コントロールできることは

世の中の人は知らないので、

彼はどんどん信用を増していくのです。

自己愛性人格障害の特徴が

非常に世の中にわかりにくい仕組みで

虐待できるようになっているので、

自分で気づいて逃げなければ

なかなか助けることができないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする